メタボなオヤジがぐうたらしながらロードバイクで痩せようと企む記録です。2010年からブルベをはじめて7年連続SR取得中。

R東京忘年会走:誰だこんなコース引いたの?←お前だよ!

昨日・一昨日と、R東京の忘年会に行ってきました~^^
昨年に引き続て山梨県の石和健康ランドでの開催で現地集合・現地開催です。昨年は自走で行って途中でお財布を持っていないことに気づいて引き返すという大失態をしてしまいましたが、今年は出がけに何度も確認したんで大丈夫(^^; 事前にスタッフのHさんやサポート会員のFさんたちと青野原セブンに9:00待ち合わせを決めていましたが。。。。。ほかにもNaokiさんとジーパン刑事は高尾発とか。そういえば西上州経由っていう人もいたっけ。どんなコースだろ???

引いたのはこんなコース


以前誰かに都留から笹子の間にある黒野田林道の存在を聞いて、一度走ってみたいと思っていたので、笹子峠の旧道と組み合わせると石和へのいい感じのルートになるかな?と思っていました。うまくいけば300の片道に使えるかもかも?な~んて(笑)

11/21の実走図
20151121.gif

自宅~青野原

鶴サイでGO!
20151121001.gif

5:30に起きるはずが起きたのは6:00過ぎ。嫁さんが朝ごはんを作っていてくれたのでありがたくいただいてから出発したのは6:30過ぎ。6:00前には出ようと思ってたからすでにスタート前から敗色濃厚(^^ゞだけどとりあえず60km先の待ち合わせ地点へGO!
大綱橋から鶴サイへ。ちょうど真後ろから朝日を浴びて背中が暖かい♪新羽橋で右岸に渡ってそのまま千代橋まで行って左折してK140に入ります。平日の疲れと寝不足でまったくペースが上がらずに平地のスピードが21km/hとか。間に合わねーぞ。。。

恩田川CRへ迂回
20151121002.gif

田奈を越えて田んぼの中をショートカットして成瀬街道に入ったら渋滞><道が狭いからすり抜けもできないので町田市に入ったところで左折して恩田川CRに迂回します。最初からこっちで来ればよかった(^^; 高瀬橋で成瀬街道に戻って町田を通過。原町田橋を右折しながら、町田と原町田、どっちがJRでどっちが小田急だったっけ?小田急は新原町田だったっけ??とか思ってました(笑)

相模原のファミマで休憩(食いかけごめん)
20151121003.gif

昔仕事で屋上に登ったことがある伊勢丹の前を抜けて右折。長蛇の列で歩いて行く女子高生の「何このオヤジ、ピチピチのジャージ来てキモ!」っていう冷たい視線をしばらく浴びながら相模女子大の前を通って御園二丁目から裏道へ。西大沼でK52、相模原公園入口で右折してK507に入りますが、もう間に合いそうにありません。。。。
疲れてきて陽光台に新しくできたファミマへ。イートインでコーヒー飲みながら、【業務連絡】間に合いませんメールしてマッタリしちゃいました(^^ゞ

登ってるよ。。。。
20151121004.gif

とりあえず連絡したのでホッとしたらノロノロに輪をかけて進まなくなります。K57で上溝へ。ここからはブルベでよく使うルート。上韮沢のパンパティは今日も朝からいっぱいでした。
向原東側で左折してK510で新小倉橋を渡って直進。圏央道の開通に伴って道が綺麗になっていますが、こちら側から来るのは初めてです。たしか登ってたはず、、、、と思ったらずーっと登りでした><

青野原セブンは1時間15分遅れ
20151121005.gif

一瞬R412に出てすぐに関で左折してK513に入って串川沿いに登っていくと後ろからぶっ飛んでいくバイクに抜かれた・・って思ったら白バイだった(^^ゞすぐに前方遠くからサイレンが聞こえてきたけど、おめー俺の事抜いた時は追尾に入る前で赤色灯回ってないから完全にスピード違反だろ?捕まっちゃた人のわきをノロノロと通過。
鳥屋で右折してちっちゃなピークを越えて梶野でR413に出ます。左折してすぐに青野原セブンだと思ってたけどすぐじゃなかった(笑)着いたら10:15で1時間15分遅れ。モチロン誰もいませんよ(^^ゞ


青野原~都留・禾生

道志みちから離脱
20151121006.gif

青野原セブンから3kmほど走ると「いやしの湯」の看板があるのでここで右折して道志川までくだっていきます。

道志ダム
20151121007.gif

道志みちから80mくらい下っていくと道志川をせき止めている道志ダムがあります。小さめの湖は奥相模湖っていうらしいです(^^ゞ道志ダムからはまた登りになります。

トンネルの手前で左折
20151121008.gif

道志ダムからゆるゆると登っていくと後ろからバビューンって抜いて行く人がいます。前からも同じジャージのバイクが何台も来るのでこの道は練習コースかもしれませんね。予定ではこのままやまなみ温泉の先まで行って左折して神奈川カントリークラブを経由してK35で旧秋山村を通って雛鶴へ抜けるつもりでしたが、ショートカットしようと思ってダムから1.8kmのところにあるトンネルの手前を左折します。

鄙びた山間の小さな集落
20151121009.gif

こちらもすぐにトンネルがあって、トンネルを抜けると12%の急な下りが待ち受けてました。。。ぬれた路面に気を付けながら下っていくとこんな急斜面を登ってくるMTBがいました。すごいなぁ・・・。そのまま下っていくと10軒ほどのちいさな集落に出ます。柿や落ち葉が日本の秋って感じ♪右折してK35へ向かいます。

自転車・歩行者専用・・・?
20151121010.gif

小さな集落を出るとすぐにまた川沿いの森の中の下りの道になります。路面が湿っていて落ち葉がたくさん落ちているので滑らないように慎重に走ります。森が開けてこんな山の中に大きな建物があるな、と思ったら藤野さつき学園の前に出てきました。その少し先で道が二手に分かれます。どう見ても最短ルートは左なんですが、左手の道は入口に↑の標識。自転車・歩行者専用って書いてあるし、いきなり道が落ち葉に埋もれてるし。。。どうしようかと逡巡しましたが最悪戻ってくればいいや!って思って突入(笑)

その結果
20151121011.gif

まぁ当然といえばそれまでですが、いきなり落ち葉に埋もれ、さらに進むと泥道とぬかるみになって足を取られ、パンクしなくて良かったです、ハイ。

吊り橋だった
20151121012.gif

どろんこの道から抜け出した先にあったのは秋山川に架かる吊り橋でした。「一度に10人まで」って書いてある。。。一見頑丈そうに見えましたが、下は板張りで、しかも濡れていてコケでツルツル滑ります。。。コワイよ~~~

すぐに山梨県!
20151121013.gif

橋を渡って木工所のわきを登るとすぐにK35に出ます。左折するとそこが山梨県との県境でした。上野原市に入ります。

秋山の秋
20151121014.gif

K35はところどころ急なところはありますが、秋の山里を紅葉を楽しみながらのんびりと進んで行きます。やっぱり景色は秋が綺麗ですね~^^

もう登れません><
20151121015.gif

秋山川沿いに点在する集落を抜けて旧秋山村の役場前を通過します。ちょっとだけ路面を直していてダートのところがありました。先発している本隊は立ち寄ったようですが、こちらは王の入まんじゅうのつるのやはパスして無生野の集落を過ぎると新雛鶴トンネルへの登りが始まります。雛鶴神社を過ぎて大きなヘアピンカーブで一気に標高を稼ぐと新雛鶴トンネルです。。。。もうヘロヘロ過ぎてのぼれませーん。。。

リニアモーターカーの車両基地
20151121016.gif

トンネルを抜けると都留市に入ります。大きなカーブを曲がると正面に山の中に不釣り合いな大きな建物が見えてきますが、リニアモーターカーの実験線の車両基地です。外からは中が見えないのが残念(^^ゞ さらに曽雌の集落まで一気に下っていきます。

禾生第一小学校前でR139にぶつかる
20151121017.gif

曽雌の集落からは斜度が緩くなりますが、それでも漕がずに30km/hオーバーで下っていけて楽チンです~♪ブルベでよく使われているセブンイレブンを左手に見て、R139バイパスを横断すると禾生第一小学校の前でR139にぶつかります。

お昼は禾生のおむすび屋さんで!
20151121018.gif

お昼をだいぶ過ぎてしまいましたが、予定通りここでご飯を食べていきます。店内にはテーブル席がいくつかあって、おにぎりやお惣菜を買って食べていくことができます。ちょうどなるしまジャージの3人組もお昼を食べていました^^

明太子と梅ちりめんのおにぎりとお味噌汁をいただきます♪
20151121019.gif

明太子と梅ちりめんのおにぎりとお味噌汁をいただきます。先行隊もここでお昼を食べていった様子。相変わらず1時間以上遅れています。。。食べながらtwitterを見ていたら、先に行ったとばかり思っていたきむけんさんがどうやら後ろにいるらしい。これは追いつかれるのは時間の問題ですね・・・♡


都留・禾生(かせい)~黒野田林道~笹子トンネル

フジサン特急がやってきた@禾生駅
20151121020.gif

ここまでですっかり疲れてしまったので、このまま輪行しようかどうしようかと考えながらすぐそばの禾生駅を眺めていたらフジサン特急がやってきました^^そういえばと思って後ろを振り向いたら富士山も見えてます。それだけでなぜか元気になってまた走り出しました(^^ゞ なんて単純なんだろう(笑)

先方に富士山を見ながら。。。
20151121021.gif

中央高速の下をくぐって突き当りを左折して都留市の中心部の方へ進みます。都留インターのところまで来て右折して桂川を渡ってK705を進んで行きます。

正面に三ツ峠を見ながら緩やかな登り
20151121022.gif

すぐに宝バイパスとの分岐がありますが、旧道のほうが趣があるので旧道に入ります。ボトルが空なので山梨のあちこちにあるハッピードリンクショップで給水してからゆっくりと登っていきます。正面に三ツ峠を見ながらノンビリと登っていく道は斜度も2%くらいで楽しく走れます^^

ここから先は登りがキツくなる
20151121023.gif

宝小学校と広教寺の前を通過するとバイパスと合流します。初狩へ抜けるK712を右に分けると大幡川を渡っていよいよハッキリした登りに掛かります。左手にヤマザキYショップがあってチェックポイントにいいなぁとか考えながら登ります。家並みが途切れると一気に斜度が上がってゼーハーしながらヘロヘロになるのはお約束(^^ゞ

県道の終点
20151121024.gif

佐川急便の物流センターを過ぎて少し上ると機神社という名前の機織りの神様を祀った神社が右手にありました。ちょっと見てみたかったけど通過(^^ゞ左手にはターゲットバードゴルフ場という看板が出ています。このあたりから先は本当にキツくて、もう汗びっしょり。何度も押して歩くかUターンして戻ろうかと思いながらもなんとか思いとどまって登っていました(笑) なんとか県道の終点まで上り詰めて写真を撮っていたらついにきむけんさんに拿捕されました(^^ゞきむけんさんも汗びっしょり。。。。きむけんさんもキツかったのかな?

黒野田林道は右折
20151121025.gif

きむけんさんより先にリスタートして登り始めますが、最初が12%くらいでキツい@@@前のほうにお猿さんたちが何匹かいてこちらを見ていましたが、登っていったら逃げてしまいました。100mほど登って↑のといころを右折します。

林道入口の看板
20151121026.gif

すぐに観光案内図と林道の看板があります。普段は通行禁止ではありませんが、12/4(金)から冬季通行止めになるようです。

少し上るとゲートがあります
20151121027.gif

最初は6~7%くらいの登りが続きます。さっきまで8~10%くらいの登りだったので林道のほうが帰って楽?なんて(笑)ゲートは大雨と冬場用のようでした。

紅葉の山間を走る
20151121028.gif

黒野田林道は最初は鶴ケ鳥屋山の南の山麓を南西から東へ巻いて走っています。約1.5車線の道路は舗装されていますが、あちこちに小さな落石が転がっているので注意しながら走ります。ところどころで視界が開けて紅葉の山々が見えてキモチいいです^^

写真撮ってもらった^^
20151121032.gif

しばらく一人で登っていましたが、ようやく後ろからきむけんさんが追いついてきたと思ったらすぐに置いて行かれました(^^ゞやっぱはえーなー^^ところどころキツいところはありますが車も来ないしマイペースで走っていると前方の道端でうずくまっているきむけんさんを発見?何をしてるのかと思ってたらカメラを構えてました(^^ゞ

さっき通ってきた道が見える
20151121029.gif

さらに登っていくと木々の間から下の方に集落が見えます。どうやらさっき走ってきた千代川橋のところのようです。

富士山見えた~♪
20151121030.gif

どこまでも続く登りのようですが、たしか鶴ケ鳥屋山の東の尾根を越えるところに東屋があって、そこから富士山が見えたハズ。その辺がピークだったような。。。と思ってがんばって登ります。林道入口で700m強だった標高も1000mを超えています。東へ向かっていたルートマップが北へ反転するとようやく前方に東屋が見えてきました^^遠かった・・・。ここが黒野田林道展望台で、正面に三ツ峠の左肩に富士山が見えます~♪逆光になってしまってますが、もっと早い時間なら綺麗だったかも(^^ゞ

黒野田林道展望台
20151121031.gif

展望台は尾根の上にあるので富士山のある南側だけでなく東側の都留市街や北東の初狩の集落や中央高速までよく見えます。

鶴ケ鳥屋山の北側を走る
20151121034.gif

東屋から先はいったん西に向かいますが山の北側に回ったので路面に落ち葉が多くなります。日が当たらないので紅葉もあまり綺麗ではなく早くも冬の気配。北東に張り出した尾根が標高1,100mでほぼ最高点。このあとしばらくは登ったり下ったりしながらほぼ水平に走ります。落ち葉の下の落石は切り口が鋭いようで何もないところできむけんさんが2回もパンク。2回ともタイヤのサイドがスッパリと切れていました。。。先行隊も2人ほどパンクした人がいたようで、要注意なコースですね。。。

夕方の山は寒い。。。
20151121033.gif

2回のパンクで少し時間を使ってしまったので笹子峠に行けるかどうかは怪しくなってきました。最後の尾根を回ると笹子まで一気に300m以上下りますが落ち葉と落石でスピードを出すことができません。

落ち葉がいっぱい
20151121035.gif

↑はまだ路面が見えていますが、完全に道路が埋まっているところもあって、落石とスリップに気を付けながら慎重に下っていきます。スピードを出せたのは林道が終わって広い舗装路に出てから。一気に-10%のまっすぐな坂を下っていきます。ここだけは登ってきたくないですね(^^ゞ

笹子峠入口
20151121036.gif

一気に下ってR20にぶつかって左折すると200mで笹子トンネルの入口です。残念ながらもう16:00で日没まで30分しかありません。このまま峠に行くと確実に向こう側に抜けるのが真っ暗になりそうなので今回は止めておきます。きむけんさんが残念そうに写真を撮っていたので後ろから撮ってあげました(^^ゞ


笹子~石和温泉

笹子トンネルに突入!!
20151121037.gif

旧道と分岐するとR20はすぐにトンネルに入っていきます。幸いにも交通量が少なくてトンネルの中で抜かれたトラックは2台のみ。それも対向車が来ていないときだったので大きく避けてくれたので風圧はあまり感じずに済みました。みんなが怖がる笹子トンネルですが、幸いにしてまだコワイ思いをせずに済んでます(^^ゞ

下りはコワイよ
20151121038.gif

個人的にホントに怖いのはトンネルの先の道の駅から柏尾の信号までの高速ダウンヒル区間。ほぼ車と同じスピードが出るので何かあったら一瞬でオシマイになれます。路面と背後から迫る車の音に集中して下っていきます。。。

甲府盆地が見えてきた
20151121039.gif

土曜日は幸いにも車が少なかったおかげで怖い思いをせずに下ってくることができました。それにしてもきむけんさん下りもはえー(^^ゞ

夕日に消えていくきむけんさん
20151121040.gif

Garminに入れてきたコースでは柏尾で右折してK34→R411の予定でしたがそのままR20を下っていくことにします。ちょうど正面に太陽が沈んでいくところでした。長塚まで行って右折して鵜飼橋を渡ると石和温泉です。なんとか真っ暗になる前に石和健康ランドに到着しました~^^ホテルの外ではNaokiさんとガイルKさんが休憩中でした(^^ゞ


忘年会~^^

お品書き♪
20151121041.gif

チェクインして荷物を忘年会場の部屋に置いてさっそくお風呂へ!!やっぱ自転車のあとのお風呂はサイコ~^^忘年会に参加のみなさんもお風呂の最中でした♪宴会は18;00~ですが、へーこんなにいっぱい食べ物があるんだ(^^ゞ

まだですか?
20151121042.gif

18:00になってR東京代表のチャーリーさんの発声でかんぱーい♪

この先の記憶がありません@@@
20151121043.gif

このあとR東京最速のSさんによる金太の大冒険を皮切りに大カラオケ大会に発展していったようですが、途中で落車したワタシにその記憶はありません。ええ、寝てましたよほとんど。だってどうしようもなく眠かっただもーん@@@@ 気が付いたら二次会に突入してましたね(^^ゞ 

~~~帰りは次回のエントリーで。お楽しみに~~~

【11/21の走行(Edge520J)】
合計距離:139.64km
合計時間:7:50:13
平均速度:17.8km/h
最高速度:62.4km/h
平均心拍数:144bpm
最大心拍数:170bpm 
平均ケイデンス:--rpm
合計上昇量:2,008m
合計下降量:1,783m

脚に見合ったコース引けよ!!ってことでポチっとよろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村
シェア・ザ・ロード[share the road]


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
onlineカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

まこた

Author:まこた
鶴見川CR下流鷹野大橋付近に棲息しています。超デブなままでブルベに参加して、2010年~2016年と7年連続でSRを取得しました。でも相変わらずデブはデブなんで登りは激オソで坂は大キライです(^^ゞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ