fc2ブログ

メタボなオヤジがぐうたらしながらロードバイクで痩せようと企む記録です。2010年からブルベをはじめて8年連続SR取得。

【旅行記】2022リハビリ&聖地巡りライド(3日目)

GW明けから忙しくなってしまい、更新ができませんでした。。。

さて、リハビリ&聖地巡りライドの3日目、最終日は、敦賀から旧北陸本線のトンネル遺構群を辿りながら福井を目指し、最後はキミスイの劇場アニメ版と原作表紙の舞台となった橋でフィナーレの予定だったのですが。。。。

3日目のルート#キミスイ聖地巡り
20220403.gif

おは敦賀!(4/3 7:04@敦賀市鉄輪町1丁目)
20220403001.gif
昨夜はベッドでいつの間にか眠ってしまったようで、気が付いたら6:00過ぎで明るくなっていた。昨夜筋肉痛と右足首通がひどかったので消炎鎮痛剤を塗り込んで寝たのだけど、右足首の痛みが引いていない。上下に動かすのは問題ないが、かかかとを右外側に捻る(クリートを外す動き)と強い痛みが走る。少し赤くなって腫れているので炎症を起こしているみたい。ほとんど自転車に乗っていなかったからいろいろと負担が大きかったのだろう。今日は予定のコースを車で走ることにして、駅前にニッポンレンタカーがあったのでサイトから夕方までの車を予約した。

1階のレストランで朝食(4/3 7:27@敦賀市鉄輪町1丁目)
20220403002.gif
念のためにホテル宛て送っておいたリュックからシャツ、ジーパン、運動靴などの着替えを出して、代わりにジャージやアンダーウェアなど自転車関連の衣類などを詰めて朝食に行くついでにフロントで家に送り返す。1階のレストランに行くと、テレビの天気予報で午後から福井は雨になるかも。だって・・・。
帰りの新幹線は米原発17:33発を予約しているので、逆算すると敦賀16:10発の特急しらさぎ12号に間に合うように戻ってくればいいようだ。元々の計画では福井15:36発の同じ特急しらさぎ12号に乗りたいと思っていたので、結果的には同じなのだが、自転車なら片道走ればよかったけど、敦賀まで戻ってくるとなると少し急がないといけないかもしれない。部屋に戻ってネットでしらさぎ12号の指定席を予約すると、幸い最後尾の座席が予約できた。

北陸本線北陸トンネルの敦賀側入口(4/3 9:00@敦賀市鉄輪町川北)
20220403003.gif
輪行袋に入れた自転車はフロントのそばに置かせておいてもらって、ホテルをチェックアウトして歩いて駅前のニッポンレンタカーに向かう。車はすでにFITが店の前に用意されていた。手続きはwebで終わっているので外回りをスタッフと一緒に確認して5分も掛からずに車を借りてホテルに戻る。
リアシートを倒して輪行袋とリュックを載せて、助手席には作っておいたコマ図を準備してから出発。事前にコマ図つくりながらストリートビューでコースを見ているので、土地勘はないけどカーナビを使わなくても道はわかる。
駅前を突っ切って舞崎町を右折、北陸新幹線の高架をくぐって右折して北陸本線を渡ってすぐに左折。突き当りを右折して木ノ芽川を渡って左折して木ノ芽川沿いに走ると北陸本線の木ノ芽踏切が見えてくる。ちょうど芦原温泉発敦賀行きの普通列車がやってきた。右手には1972年まで日本最長だった全長13,870mの北陸トンネルの入口が見えている。狭軌の陸上鉄道トンネルとしてはいまでも日本最長だ。

樫曲トンネル(4/3 9:05@敦賀市樫曲)
20220403004.gif
そのまま進んでいくと樫曲バス停のところで国道476号線に突き当たる。右折して集落を抜けて北陸道をくぐると、前方右にカーブしていくガードレールの向こうにトンネルが見えてくる。今日の最初の立ち寄りポイントの旧北陸本線の樫曲トンネルだ。
樫曲(かしまがり)トンネルは延長87mと短いトンネルだが、名かは遊歩道として整備されていて、中に入るとセンサーが反応してライトが点くようになっている。

近代化遺産周遊ルートの説明板(4/3 9:05@敦賀市樫曲)
20220403005.gif
旧北陸本線のトンネルの鉄道遺構群は、近代化遺産として土木学会の選奨土木遺産に選定、国の登録有形文化財にも登録されている。トンネルの入口にはレンガの積み方や近代遺産を巡るルートの説明板なども立っていた。

葉原トンネル(4/3 9:20@敦賀市葉原)
20220403006.gif
次の立ち寄りポイントは新保駅跡だったのだが気づかずに通過してしまい、国道476号線と旧北陸本線が分岐する日吉神社が見えてきて通過してしまったことに気づいた。日吉神社のところは国道が整備されていて旧北陸本線の線路跡通りには走れず、いったん橋を渡って左折して戻る形だが、左折ポイントに「←近代化周遊ルート」の看板が立っている。
いったん日吉神社まで戻り、旧北陸本線の線路跡の市道を進んでいくと、北陸道の上り線と下り線に挟まれた場所にトンネルが見えてくる。葉原(はばら)トンネルだ。手前の直線区間は旧葉原信号場跡だそうだ。入口に信号機が付いていて、待ち時間が5分て書いてある。写真撮ったりして待っていたけど対向車は来ませんでした。

鮒ヶ谷(ふながや)トンネル(4/3 9:25@敦賀市阿曽)
20220403007.gif
葉原トンネルを抜けると左手に北陸道の上り線が並走していて、その向こうに青い海と日本海に突き出た敦賀半島が見える。少し走ると短いトンネルが見えてくる。全長64mの鮒ヶ谷(ふながや)トンネルだ。

曽路地谷(そろじだに)トンネル(4/3 9:27@敦賀市阿曽)
20220403008.gif
鮒ヶ谷トンネルの次は長めの曽路地谷(そろじだに)トンネルだ。長さは401mあるが出口の明りが見えているので対向車が来ないことを確認してトンネルに入って行く。トンネルを抜けると前方に北陸道上り線の杉津パーキングエリアの入口が見えてくる。

杉津駅跡(北陸自動車道上り杉津PA)(4/3 9:35@敦賀市杉津)
20220403009.gif
こちらは高速の駐車場ではなく、駐車場より少し高い位置にあるパーキングエリアの建物に行けるように指導側に駐車場と駐輪場が設けられている。裏から高速道路のパーキングエリアに入って行くのはちょっと変な感じがする。
杉津パーキングエリアは旧杉津駅の跡に作られていて、標高が179mもあるらしく、駐車エリアの向こうに敦賀湾がよく見える。海岸までは2.5kmも離れているが、昔は海水浴客で賑わったそうだ。往きはいいけど帰りは嫌だな。。。駐車場の隅には松尾芭蕉の句碑もあった。

第一観音寺(だいいちかんのんじ)トンネル(4/3 9:42@敦賀市大比田)
20220403010.gif
市道に戻って先に進む。カーブしながら下ると県道207号線に突き当たる。右折するとまた緩やかな登りになる。ところどころ木々の間から左手に青い海が見えているがやがて遠くにトンネルが見えてくる。第一観音寺(だいいちかんのんじ)トンネルだ。長さは82mしかないのであっと言う間に抜ける。

第二観音寺(だいにかんのんじ)トンネル(4/3 9:43@敦賀市大比田)
20220403011.gif
すぐに第二観音寺(だいにかんのんじ)トンネルに入るが、こちらは右にカーブしていて長さが310mあるので対向車が来ないかちょっと緊張する(笑)。

曲谷(まがりたに)トンネル(4/3 9:44@敦賀市大比田)
20220403012.gif
第二観音寺トンネルを抜けるとすぐにまたトンネルに入る。曲谷(まがりたに)トンネルだ。こちらも長さが260mあり左にカーブしている。

左手に対岸の敦賀半島が見える(4/3 9:45@敦賀市大比田)
20220403013.gif
曲谷トンネルを抜けると前方のトンネルとの間に少し直線があって、左手にまた敦賀湾が見えるのでちょっとだけ車を停めてみる。車を降りると沢の音以外なにも音がしなかった。

見えているのは芦谷トンネル(4/3 9:45@敦賀市大比田)
20220403014.gif
前方には芦谷トンネルとその先にもうひとつトンネルが見えている。芦谷(あしたに)トンネルは長さ223mあるが真っ直ぐなトンネルだ。

伊良谷(いらだに)トンネル(4/3 9:47@敦賀市元比田)
20220403015.gif
芦谷トンネルを出るとすぐに次の伊良谷トンネルの入口なのだが、長さ467mのトンネルは途中で右にカーブしているので信号機がついている。このときは赤信号だったので、「待ち時間3分」の標識の手前で信号が変わるのを待つ。

一番長い山中(やまなか)トンネル(4/3 9:50@敦賀市元比田)
20220403016.gif
伊良谷トンネルを抜けるとすぐに次のトンネルが見えている。トンネルの上部が崩れていてトンネル名の表示が無くなっているが、トンネル群の中で一番長い山中トンネルだ。長さは1,170mあるが、遠くに出口の明りが見えているので、対向車が来ていないことを確認してから進入する。

山中トンネルの反対側(4/3 9:52@南越前町山中)
20220403017.gif
長いトンネルの途中でピークを越える。トンネルを抜けると少し道路が広くなっている。車を停めて振り返ると、出てきたトンネルの左側にもう一つトンネルの入口がある。すぐ脇に「山中スイッチバック跡」の説明版が立っていて、それを読むと左側のトンネルは行き止まりのトンネルで、今庄側から登ってきた列車がいったん入ったあと、バックして山中信号所へ引き上げて、敦賀側から登ってきた列車とすれ違っていたそうだ。

山中信号所跡(4/3 9:57@南越前町大桐)
20220403018.gif
山中トンネルから少し先に山中峠の標識があり、さらにその先でまた道路が広くなっている。道路脇に山中信号場待避線跡地の表示板が立っている。

待避線跡(4/3 9:58@南越前町大桐)
20220403019.gif
当時は上り線と下り線と2本分の待避線があったようで、広くなっている部分は上り線の待避線の跡でここから今庄方向へ平らな線路跡が伸びている。遠くにはロックシェードも見えているのでかなり長い編成が退避できる長さがあったようだ。

山中ロックシェイド(4/3 9:59@南越前町大桐)
20220403020.gif
待避線跡から下って行くとロックシェイドだ。長さは65mしかないが、プレストレストコンクリート造りの落石防防護の覆で、明治期の最新の土木技術を駆使した構造物だ。

大桐駅跡(4/3 10:03@南越前町大桐)
20220403021.gif
山中ロックシェイドから25パーミルの下りを快適に下って行くと右カーブの途中で右手に北陸新幹線の新北陸トンネルの工事現場があった。その先の小さな大桐集落を抜けて左カーブの先で長い直線になると道路の右側に大桐駅跡がある。25パーミルの勾配の途中なのでスイッチバックの信号所を後から駅に昇格したそうだ。

D51の動輪(4/3 10:04@南越前町大桐)
20220403022.gif
2面2線の相対式ホームのうち上り線のホームが残っていてホーム跡の上に説明板や当時は知っていたD51の動輪が展示されていた。

北陸トンネル今庄側出口(4/3 10:15@南越前町大桐)
20220403023.gif
北陸道をくふってさらに下って行くと、右手の山から北陸本線の線路が現れる。もう少し近くまで行けるようだが県道から写真を撮って先へ進む。すぐ先にホームだけで無人駅の南今庄駅があった。

旧今庄サイクリングターミナルのD51(4/3 10:23@南越前町今庄)
20220403024.gif
南今庄駅からさらに下って行くと北陸本線の踏切を渡って国道476号に突き当たる。左折すると大きな今庄の集落が左手に見えてくる。今庄駅入口信号を過ぎると左側に今庄サイクリングターミナルがある。レンタサイクルや入浴可能な宿泊施設「今庄の宿かねおり(旧ふれあい会館今庄サイクリングターミナル)」と広い駐車場があった。今年の4/1付けで名称変更されたそうだ。駐車場の一角にはD51-481号機が展示されている。山陰線で走っていた機関車を誘致して展示したもので、隣接する今庄駅から仮設線路を敷いて運んできたらしい。

今庄駅の給水塔・炭給塔跡(4/3 10:30@南越前町今庄)
20220403025.gif
車に戻って国道476号線を少し戻って今庄駅入口信号を右折して今庄駅に向かう。跨線橋を渡って駅前の駐車場に車を停めると、今庄駅の構内にレンガ積みの古い給水塔が見える。北陸トンネルができる前は山中トンネルまで続く25パーミルの登りに備えてここで蒸気機関車を重連にしていたために機関区があって、当時使われていた給水塔や給炭台が今も残っている。

今庄駅(4/3 10:31@南越前町今庄)
20220403026.gif
今庄駅は、ここで蒸気機関車を連結するために全列車が停車していたので、その間に乗客がホームで食べる「立ち食いそば」のは発祥の駅といわれている。今は普通列車が1時間に1本停まるだけの無人駅(2022年4月1日~)となってしまい、サンダーバードなどの優等列車は高速で通過していってしまう。2017年にリニューアルされた駅舎内には「今庄まちなみ情報館」、観光案内所、土産販売店が併設されているがお客さんの姿はなく寂しかった・・・。

旧今庄宿の街並み(4/3 10:38@南越前町今庄)
20220403027.gif
車に戻り、国道には向かわずに駅前通りを進み、次の角を右折すると北國街道の今庄宿の街並みが残っている。通りには本陣跡や登録有形文化財に指定されている旧旅籠「若狭屋」、御札場跡などが並んでいて見学もできるようなのでノンビリ旧街道の散歩を楽しむのもいいな。

湯尾(ゆのお)トンネル(4/3 10:42@南越前町湯尾)
20220403028.gif
今庄宿を抜けて、踏切を渡って国道476号線に戻る。南条方向で500mほど走って日野川の手前で左折すると前方にトンネルが見えてくる。長さ368mの旧北陸本線の湯尾トンネルだ。ここもカーブで長いトンネルなので信号機があって待ち時間は3分だった。通学路にもなっているので他のトンネルよりも照明は明るかったがここを毎日通学するのはちょっとコワイね。。。
トンネルを抜けると湯尾の集落だ。集落内の狭い道を抜けて国道365号線に戻って福井を目指す。旧北陸本線のトンネル遺構群巡りはここまでだ。

福井鉄道 越前武生駅(4/3 11:10@越前市府中3丁目)
20220403029.gif
裏道や旧道をつなげて作った自転車で走るために引いたコースは南条駅入口で左折なのだけど、車だし敦賀に戻らないといけないので国道365号線をそのまま進んで先を急ぐ。南条と王子保の間の田んぼの中で北陸新幹線の真新しい高架橋が国道の上を跨いでいた。
国道8号線の高架をくぐって越前市の市街地に入って行き、日野川沿いから町の中へ入って行き、JR武生駅の先にある福井鉄道の越前武生駅に立ち寄る。福井鉄道も前は自転車をそのまま載せるサイクルトレインを運行していて、一度乗ってみたいと思っていた路線だ。今回は車だが、この福井鉄道の「越前武生駅」は来年の北陸新幹線の「越前たけふ駅」開業とともに駅名を「たけふ新駅」に改名が決定しているので実際に立ち寄れるのは最後だと思う。2010年までは「武生新駅」だったので、漢字とひらがなの違いはあるけど元に戻る形だ。

発車直前の鷲塚針原行き急行(左) (4/3 11:11@越前市府中3丁目)
20220403030.gif
改札で硬券の入場券を買って女性の駅員さんに構内の写真撮影の許可をもらってホームへ。ちょうど1番線からえちぜん鉄道三国芦原線直通の鷲塚針原行きの急行(左側の黄色い電車)が出発するところだった。ki-boという愛称で呼ばれるこの電車はえちぜん鉄道のL形電車で、2車体連接・2台車方式の超低床路面電車だ。右側は福井鉄道の車両でこちらは880形電車だ。名鉄から譲り受けた車両らしい。

福井鉄道の公認キャラクター(4/3 11:14@越前市府中3丁目)
20220403031.gif
鷲塚針原行きの急行を見送り、ホームに停まっているほかの車両の写真を撮ってから駅員さんにお礼を言う。使用した硬券の入場券は使用済みのゴム印を裏側に押してもらって記念に貰う。改札脇にはスマホゲーム「駅メモ!」の福井鉄道公認キャラクターの「北府ゆめの(右)」と「リト=フォン=シュトゥットガルト(左)」のパネルが置いてあった。そういえば一昨日乗った近江鉄道にも「鉄道むすめ」の公認キャラクターがいたな。。。個人的には二次元より三次元のほうがいいのであまり興味はないけどファンはいっぱいいるそうだ。

桜が咲いている鯖江・西山公園(4/3 11:27@鯖江市桜町3丁目)
20220403032.gif
鯖江に向かう道は途中工事で日野川周辺が変わっていたが県道229号線からひまわり通りとつないで鯖江の西山公園の手前で予定していたつつじ通りに合流した。西山公園も桜の名所で、満開まではあと少しって感じだったけど駐車場もいっぱいで公園前の道も大勢の人が出ていた。

鯖江はめがねの町(4/3 11:39@鯖江市鳥羽3丁目)
20220403033.gif
少し渋滞していたがそのまま進んでいくと西縦貫線と合流するところで福井市に入る。合流する信号の手前には「めがねのまちさばえ」の看板があった。市のHPにも「めがねのまちさばえ」と書いてあるくらいで、めがねフレーム全国シェアの95パーセントをここ鯖江市で生産しているらしい。町にはめがねミュージアムもある。

足羽川に架かる幸橋(4/3 12:02@福井市中央2丁目)
20220403034.gif
県道229号線を北上していくと途中で片側二車線の道になって交通量も増えていく。福井の市街地に入って新木田交差点から先は福井鉄道福武線の線路が合流して路面電車になっていた。そのまま進むと足羽山公園電停の先が今日の目的地の幸橋だ。。車はいったん幸橋を渡って右折して左手にあるタイムズに停める。桜が満開が近いのでお花見の人で駐車場も満車だったがちょうと1台出るところでラッキー。徒歩で幸橋に戻る。足羽川に架かかる幸橋だが、桜並木は右岸側なので下流側の歩道で橋を渡って行く。

原作表紙の構図(4/3 12:04@福井市毛矢1丁目)
20220403035.gif
幸橋を渡って左側にあるテラスが福井出身のloundraw氏が描いた原作の装画の舞台。反対側の上流側にも同じテラスがあって、人物の向きは向こう側なんだけど、背景の鉄橋はこちら側なので両方合わせたのかな。実写版映画のプロモーションで浜辺美波と北村匠海が福井に来たときにもこの場所に立っている写真がパネルになっていた。

劇場版アニメの構図(4/3 12:07@福井市毛矢2丁目)
20220403036.gif
幸橋は真ん中に福井鉄道の線路もあって横断できないので、テラス脇の階段を降りて橋の下を通って上流側に行く。ちょうど下からテラスを見上げた感じが劇場版アニメの共病文庫の回想シーンの後に出てくる場面と同じだ。アニメのほうが桜の木が大きくてもっと手前にある感じなので、リアルのほうは少し距離があってちょっぴり残念な感じだった。

足羽川沿いは桜の名所(4/3 12:11@福井市毛矢2丁目)
20220403038.gif
遊歩道に登るとこちら側の桜は8分咲きといった感じで、中にはほぼ満開の木もあった。コロナで宴会は禁止されていたが桜を見ながらそぞろ歩きを楽しむでいっぱいだった。

桜のトンネル(4/3 12:12@福井市毛矢2丁目)
20220403039.gif
途中で引き返して幸橋に戻る。この方向がアニメ版の中では何度か出てきた。橋の袂に建っている柱も同じだった。

遊歩道と幸橋(4/3 12:20@福井市毛矢2丁目)
20220403040.gif
帰りは橋の上流側を渡って帰る。こちら側のテラスと桜並木の構図のほうがしっくりくる。車に戻って敦賀に戻る。どこから帰ろうかと思ったけど、とりあえず来た道を戻る。

ランチはカフェ・ド・伊万里で(4/3 13:14@越前市新保2丁目)
20220403041.gif
鯖江に入るところで来た道ではなく西縦貫線に入る。西山公園の渋滞を避けたつもりだったけど鯖江市内は混んでいた。途中から天気予報通りに雨が降り出した。自転車で走っていたらまだ幸橋までは来ていない時間なので、濡れていたかもしれない。日野川を渡って越前市に入って、ランチの目当てのカフェ・ド・伊万里へ向かう。お店のママは漫画家の池上遼一の妹さんらしい。。。「福井に来たらボルガライス」というポスターも描いている。お店にも絵が飾ってある。

名物のボルガライス(4/3 13:35@越前市新保2丁目)
20220403042.gif
お目当てはこのボルガライス!トンカツとトロっとした卵が印象的なボルガライス。セットにはコーヒーが付いてくる。大盛りにするか聞かれたけど、普通盛りで十分ボリュームがあります(^^ゞ デミグラスソースが濃厚で旨かったです♪

大桐集落に新設された写真(4/3 14:33@越前市新保2丁目)
20220403043.gif
王子保まで戻り、国道に入らずに北陸本線を挟んで西側にある旧道を南下して南条で国道に入って帰りは湯尾トンネルは通らずに国道のまま今庄へ。県道207号今庄杉津線に入って敦賀を目指す。来るときに通過した大桐駅跡と大桐集落の間にあった案内板の前で停まって、旧北陸本線を走っていたディーゼル特急「白鳥」の写真板をパチリ。

新保駅跡(4/3 14:56@敦賀市獺河内)
20220403044.gif
トンネル群を抜けて来た道を戻るが、帰りはノンストップ。信号もないし車も走っていないので結構早く帰れそうだ。忘れないように来るときに通過してしまった新保駅の跡に寄ってから敦賀駅まで戻った。

敦賀駅に戻って来た(4/3 15:28@敦賀市鉄輪町1丁目)
20220403045.gif
駅の近くのガソリンスタンドで満タンにしてからレンタカーを返す。160kmほどで7.8リッターしか使っていないからガソリン車だけど燃費は20km/lとうちの車よりスゴイいい。さすがFITですね。
ニッポンレンタカーから敦賀駅は目と鼻の先。みどりの窓口で予約していたしらさぎの指定席券を引き取ってから待合室へ。待合室には観光案内所とお土産物売り場にセブンイレブン、トイレなどがあった。せっかくなので福井の銘菓の羽二重餅をお土産に買っていく。

特急しらさぎが入線(4/3 16:10@敦賀市鉄輪町1丁目)
20220403046.gif
ホームまでは距離がありそうなので早めに改札を抜けて、新幹線の停車駅と写真が壁一面に掛けられている真新しいエスカレーターを登って跨線橋を渡って6番線へ向かう。ホームへのエレベータから指定席の場所まで結構歩いた。。。
先に16:03発の長浜行きの普通列車が発車して、その後から16:10発の特急しらさぎ12号名古屋行きが到着した。車両は側面にオレンジ色の帯が入った「しらさぎ塗装」の683系8000番台の車両だ。
指定席はほぼ満席で、よく一番後ろの席が空いていたものだ。鳩原の上りループ線の車窓を楽しんでいると新疋田から長いトンネルに入る。近江塩津で湖西線と別れて左に大きくカーブしてまた長めのトンネルを抜けて余呉湖畔に出る頃には本降りの雨になって車窓が霞んでいた。

米原駅でこだまに乗り換え(4/3 17:28@米原市米原)
20220403047.gif
米原には定刻の16:44に到着。やっぱり電車は速いね。乗り換え客でいっぱいの米原駅の東海道線ホームから新幹線乗り場へ移動する。予約しているのは17:33発のこだま744号だけど、一本前の16:57発のひかり658号でも間に合ったようだ。
ホームの待合室でしばらくボーっとしていたら疲れが出てきて眠くなってしまった。米原から新横浜まではたくさん抜かされるので3時間かかるのだが、ほとんど爆睡していたのであっと言う間だった(笑)。新横浜からの帰りも嫁さんにお迎えに来てもらって雨の中を無事に帰ることができた。

次はしまなみ海道と下灘駅に行きたいなぁ・・・こっそりまた計画立てるか。


~~~旅行記おしまい~~~


3日間走り切れないなら行っちゃいけないよ(by嫁)ってことでポチっとよろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



【旅行記】2022リハビリ&聖地巡りライド(2日目後半)

さて、リハビリ&聖地巡りライドの2日目の後半は美味しい焼きさばのランチで満腹になったところからスタートします。後半は自転車で回る敦賀市内観光です。

【敦賀市内観光】
敦賀市内

気比の松原へ(4/2 13:30@敦賀市松島町)
20220402038.gif
まずは有名な気比の松原に行ってみようと、日本海さかな街前の県道142号木崎通りを2.5kmほど北上する。2kmほど走って松原町交差点からは広い松原公園の松林の中を走る。突き当りはそのまま駐車場になっていた。

真っ青な海と真っ白な砂浜(4/2 13:34@敦賀市松島町)
20220402039.gif
駐車場の隅にバイクを停めて駐車場の先の砂浜に出てみる。少し風があって寒いが、真っ青な空を映した青い海と白い砂浜のコントラストが綺麗だった。日本海に大きく突き出した敦賀半島が大きな敦賀湾を作っていて、敦賀の町は敦賀半島と越前海岸へ続く山並みに挟まれた湾の一番奥にある。砂浜には家族連れなどが遊んでいたが寒いからか駐車場の車の中でご飯を食べている家族連れも何組かいた。

敦賀港大橋の上から(4/2 13:34@敦賀市川崎町)
20220402040.gif

気比の松原を後にして敦賀港へ向かう。松原小学校から松島橋で笙ノ川を渡って左折して道なりに臨港地区を走って行くと敦賀港に架かる敦賀港大橋がある。峠を登れなかった売切れの脚に橋の10%の登りはキツ過ぎる。。。幸い車が走っていないので頂上で金網の柵の間から港の様子を写真に撮っておいた。第八管区海上保安本部敦賀海上保安部があるので海上保安庁の巡視艇が停泊している。反対側には敦賀の町が広がっていた。

旧敦賀港駅舎(4/2 13:51@敦賀市港町)
20220402041.gif
敦賀港大橋をバビューンって下ると敦賀海上保安部の向かいにある旧敦賀港駅舎に着く。かつての「欧亜国際連絡列車」の発着駅として重要な位置を占めていた敦賀港駅舎を再現したもので、内部は敦賀鉄道資料館になっている。入場は無料だ。

内部は鉄道資料館(4/2 13:51@敦賀市港町)
20220402042.gif
「欧亜国際連絡列車」が新橋‐金ヶ崎(後に敦賀港駅と改称)間で運行されていた当時の敦賀港駅の様子や昔の北陸本線関連の展示がされている。当時敦賀港ではウラジオストック直行の船に連絡し、ウラジオストックからはシベリア鉄道を経由してヨーロッパへと通じていて、敦賀港はヨーロッパへの玄関口になっていた。他にも電気機関車の模型や鉄道開通から直流化開業、敦賀を走った列車などの写真パネルが展示されていた。明日行く予定の旧北陸本線のトンネル遺構の写真もあった。

ボートウォーク(4/2 14:03@敦賀市港町)
20220402043.gif
一通り鉄道資料館を見た後は建物のすぐ裏手から続く金ケ崎緑地という広場へ。港に面した部分はボードウォークと呼ばれる板張りのデッキになっていて、途中にはボードデッキと呼ばれる港に突き出した船の舳先のようなデッキもあって敦賀港を一望できる。ここにも海上保安庁の巡視艇が停泊していた。

人道の港 敦賀ムゼウム(4/2 14:06@敦賀市金ケ崎町)
20220402044.gif
金ケ崎緑地の中を抜けて行くと真新しい欧風の建物の前に出てくる。2020年年11月にリニューアルオープンした「人道の港 敦賀ムゼウム」という資料館で、大正から昭和初期にかけて敦賀港に実際にあった建物を復元した外観になっているそうだ。内部はシベリアから救出されたポーランド孤児のことや、杉原千畝の命のビザで日本に渡ってきたユダヤ難民、それを迎え入れた敦賀港や敦賀の人々のことが紹介されているそうだ。
元々は敦賀港駅のあった場所で、先ほど見学した旧敦賀港駅舎もここにあった。

小浜線を走っていた急行「わかさ」(4/2 14:11@敦賀市金ケ崎町)
20220402045.gif
人道の港 敦賀ムゼウムの裏手にはまだ旧敦賀港線の線路が残されていて、大きな貨物コンテナもたくさん残されていた。カーブする線路に沿って敦賀駅方向に400mほど走ると赤レンガの倉庫が2つ並んでいる。その赤レンガ倉庫のすぐ脇に昔の国鉄色塗装のディーゼルカーのキハ28の先頭車両が小浜線を走っていた急行「わかさ」のヘッドマークを付けて展示してあった。

敦賀赤レンガ倉庫(4/2 14:12@敦賀市金ケ崎町)
20220402046.gif
1905年に建てられた赤レンガ倉庫は石油貯蔵庫として使われ、2009年に国の登録有形文化財に登録されたそう。2015年に内部が改装されて、敦賀の港を再現した巨大な鉄道ジオラマと、地元の海鮮を出すレストランや牛乳と卵を使ったチーズタルトやプリンを出すカフェが入る観光施設になったそうだ。チラッとだけ中を見てから裏手の金崎宮に向かう。

旧敦賀港駅ランプ小屋(4/2 14:20@敦賀市金ケ崎町)
20220402047.gif
赤レンガ倉庫から裏手に回ると警備員が交通整理をしている。金崎宮でお祭りをやっているようで、駐車場の誘導係のようだ。敦賀港線の踏切跡にある駐車場に誘導された。係員に駐車場の隅の自転車置き場を教えてもらい、金崎宮に向かう観光客に着いて行くと駐車場の奥にレンガ造りの小屋があった。
駐車場は小屋の裏側に面しているので小屋の表側に回ると「旧敦賀港駅ランプ小屋」と書いた説明版があった。1882年にできた国内最古の鉄道建造物のひとつだそうだ。ランプ小屋は、列車の灯火に使用されるカンテラの燃料を保管する油庫として主要な駅にあったそうだ。

花換祭りって(4/2 14:22@敦賀市金ケ崎町)
20220402062.gif
道路に戻ると、金崎宮から戻って来る人は桜の小枝みたいなものを持っている。なんだろう?と思っていると金崎宮の登り口に「花換祭り」の説明書きの看板があった。金崎宮は縁結びと恋愛成就の神様とのことなのでオジサンにはあまり関係ないが、花換祭りは花咲宮の境内の桜が咲く時期に開催され、今年は3/30(水)~4/11(月)だそうだ。キャラクターは福娘の香恋(かれん)ちゃんだって。

長い石段を登って金崎宮へ(4/2 14:23@敦賀市金ケ崎町)
20220402048.gif
満開までは行かないが、高台で日当たりがいいからか石段の南側の桜並木は結構咲いていた。境内へと続く石段をSPDとはいえクリート付きのシューズで登って行くのは少し上りづらい。。。

舞台で演奏会(4/2 14:26@敦賀市金ケ崎町)
20220402049.gif
階段を昇り切って鳥居をくぐると右手に祈祷受付所があって、桜の小枝(造花)を頒布していた。他にも戦国時代に織田信長が金ケ崎城の朝倉義景を攻撃中に浅井長政が裏切ったことを信長に伝えるためにの妹のお市の方が信長に送った両端を絞った小豆袋を送ったことに因んだ難関突破の小豆袋守りがあった。
もう一つ鳥居をくぐると正面に屋根の掛かった舞台があって、お琴の演奏会が開かれていた。手前や周囲の桜の花も入って絵になる。

御本殿にお参り(4/2 14:27@敦賀市金ケ崎町)
20220402050.gif
一番奥にある御本殿にお参りして恋愛成就をお祈りする必要はないので、このサイクリングの無事と家族の安全をお祈りしておく。隣には福娘たちがいて参拝者と花換をしているのをちょっとだけ見ていく。

花換の小道から敦賀港と市街を一望(4/2 14:31@敦賀市金ケ崎町)
20220402051.gif
御本殿の左手から続く200mほどの海岸沿いの小道には花換の小道という名前が付けられていて、敦賀の山々と市街地、港などを桜の木々の間から見渡すことができる。

敦賀港線の跡(4/2 14:44@敦賀市金ケ崎町)
20220402052.gif
下りの階段も滑らないように慎重に降りて、駐車場のバイクに戻る。駐車場から出ると敦賀港線の踏切跡があるので写真を撮って行く。踏切の警報機などは撤去されて柵もできているので二度と使われることはないが、線路はまだそのままになっている。線路沿いに少し走って国道8号線の陸橋の下をくぐって側道から曙交差点に出て国道8号線に合流する。そのまま国道8号線を500mほど走ると今日最後のポイントの氣比神宮に到着する。

氣比神宮(4/2 14:53@敦賀市曙町)
20220402053.gif
大宝2(702)年の建立の氣比神宮は北陸道の総鎮守とされている。参道に建つこの高さ約11mの大鳥居は重要文化財に指定されていて、奈良の春日大社、広島の厳島神社と並ぶ日本三大木造大鳥居の一つだそうだ。松尾芭蕉も訪れたことがあるらしい。

安全祈願(4/2 14:58@敦賀市曙町)
20220402054.gif
中鳥居をくぐって拝殿に向かう。7人の神様が祀られていて、五穀豊穣、海上安全、大漁祈願、安産、無病息災、延命長寿、音楽舞踊までご利益がいっぱいだ。海上じゃないけどきっとこのサイクリング旅行の安全も守ってれるはず。しっかりお参りしておいた。

敦賀駅へ(4/2 15:26@敦賀市鉄輪町1丁目)
20220402055.gif
今日予定していたポイントは全部回ったが、まだ時間が早い。ホテルは敦賀駅前なので、チェックインする前に敦賀駅に行ってみる。氣比神宮前の国道8号線を走り、白銀交差点で左折すると突き当りに敦賀駅がある。氣比神宮からは1kmほどだ。
敦賀駅は2024年の北陸新幹線の開通に向けて工事中で一部完成している。明日は立ち寄らないかもしれないので入場券を買っておく。待合室も大きくて、観光案内所にお土産売り場もあり、窓際には「敦賀-東京間 北陸新幹線開通まで729日」というカウントダウンの電光掲示板もあった。

敦賀駅前で(4/2 15:32@敦賀市鉄輪町1丁目)
20220402056.gif
おみやげは明日福井で買うことにして、ホテルに向かう。駅前の信号で左折するときにいったん停まって駅の全景を撮っておく。信号を左折すると今日のホテルのルートイン敦賀駅前は目の前だ。

ホテルにチェックイン(4/2 15:41@敦賀市鉄輪町1丁目)
20220402057.gif
バイクを玄関わきに停めて先にチェックインする。昨日同様にシングルの予約はルートインポンタカード会員向けの無料アップグレードでコンフォートシングルにアップグレードされていた。ポイントを充当したので今晩もホテル代は無料。まぁいままでそれだけ泊まっているってことですが(^^ゞ

部屋からは敦賀駅が一望(4/2 15:41@敦賀市鉄輪町1丁目)
20220402058.gif
今日も部屋に自転車持ち込みokだったので助かります。部屋は9階の敦賀駅側で窓から敦賀駅が一望できる。ホームも少し見えるのでサンダーバーードが到着するのが見えた♪
早速空いているうちにお風呂と洗濯を済ます。今日もお風呂にゆっくり浸かって脹脛とか腿をマッサージしたけど、どうも右足首が痛い。この一か月くらい自転車に乗ってはいるが、ほぼ2年近く乗っていなかったので、クリートを外す際に右足を捻るのだが、昨日今日の二日間で痛めてしまったようだ。右足首は上下には動かせるけど捻ると痛い。とりあえず消炎鎮痛剤を塗り込んでおく。

夕飯は敦賀ヨーロッパ軒へ(4/2 19:07@敦賀市清水町2丁目)
20220402059.gif
今日も乾燥機まで終わって部屋に戻ってきたらベッドで眠ってしまったようで、目が覚めたらすっかり暗くなっていた。夕飯をどうしようかと考えて、今日もホテルでと一瞬思ったが、会社の人に教えてもらった敦賀ヨーロッパ軒を思い出す。Google Mapで検索すると本店は少し遠いが駅前店ならホテルから歩いて4分くらいのところにあるので着替えて行ってみる。ホテルから東横INNの脇を抜けて駅前通りを渡って少し先の左手にお店があった。

デラックス丼!(4/2 19:17@敦賀市清水町2丁目)
20220402060.gif
閉店時間は20:00らしいが、店内はほぼテーブルが埋まっていて、テイクアウトの人もいる。「食事ですか?}と聞かれてそうだと答えると最後に空いていたテーブル席に案内された。
ここの名物はもちろんソースかつ丼だが、せっかくなので味カツ、メンチカツ、エビフライが乗ったデラックス丼にする。セットのサラダがもう野菜が切れてないということなので、味噌汁だけ付けてもらう。
待っている間にもテイクアウトを買いにお客さんがやって来る。10分ほど待つと、エビの尻尾で閉まらない蓋が乗った丼がやってきた。ソースと肉汁が絡み合ってとっても旨い!!ご飯は普通盛りだがボリュームたっぷりなので大盛りにしなくてよかった(笑)お腹もいっぱいになって大満足♪

重いお腹を引きずってホテルに帰る(4/2 19:38@敦賀市清水町2丁目)
20220402061.gif
食後は痛い脚を少し引きずりながら途中のファミマで飲み物を買ってからホテルに戻る。内容とは関係ないけどお店の前からホテルの写真を撮ったら、結構くらかったのに鮮明に映っているiphone13proの性能ってスゴイんだなぁって改めて感心。。。
右足の痛みが引かないので明日はちょっと走るのは無理かもしれない。天気予報を見ると午後から雨予報になっていた。明日は旧北陸本線のトンネル遺構を辿って敦賀から今庄に抜けた後、福井市まで60kmちょっと走る予定だが他にも痛いところがあるので明日は車を借りよう。寝る前にレンタカーと敦賀から米原までの特急の座席指定を予約しておいた。


~~~二日目おしまい~~~


2日目もお天気で良かったねってことでポチっとよろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

【旅行記】2022リハビリ&聖地巡りライド(2日目前半)

さて、リハビリ&聖地巡りライドの2日目。今日は「君の膵臓をたべたい」の実写版映画の主な撮影地である彦根市街を回った後、琵琶湖沿いに北上して峠を越えて福井県の敦賀市まで走るコースを予定しています。

2日目のルート#キミスイ聖地巡り
20220402.gif

おは彦根!(4/2 6:29@彦根市東沼波町)
20220402001.gif
ベッドの上で寝落ちしてしまったが、夜中に寒くて目が覚めて布団に潜り込んだ記憶があるが、6:30に掛けた目覚ましの前に起床。スッキリと目が覚めたのだが、両足が強烈な筋肉痛@@@お風呂でゆっくりもみほぐしたんだけどなぁ・・・・。
とりあえず起きてカーテンを開けると眩しい朝日に照らされた彦根の町が一望できた。写真の左手、カーテンと被ってしまいよくわからないかもしれないけど、小山の上に彦根城もクッキリと見えている。

1階のレストランで朝食(4/2 6:47@彦根市東沼波町)
20220402002.gif
着替えて1階のレストランへ行き朝食を食べる。団体が入っているから朝食は混むかもと言われていたけど、ビュッフェ形式の朝食は特に何かが足らなくなっているようなこともなく、普通にたべることができた。朝食を食べながらニュースと天気予報を見ていたが、今日もお天気の方は問題がなく、問題あるとすれば自分の脚だけのようだ(^^ゞ

さぁ出発!(4/2 7:50@彦根市東沼波町)
20220402003.gif
部屋に戻って出発の準備をする。天気はいいが気温が低いようなのでアンダーを起毛の厚手のものに変えたのだが、これが後で失敗を気づく原因となる。。。
今日は後半に峠越えがあるが、登れない場合にどうするかなど考えていたら少し出発が遅くなってしまった。昨日より走行予定距離は短いのだが、早く出られるに越したことはない。自転車を1階まで下ろしてチェックアウト。なんとか8:00前にスタートできた。

【彦根市街】
彦根城周辺

中藪橋(4/2 8:04@彦根市中藪1丁目)
20220402004.gif
午前中は彦根城の周りにある撮影ポイントを順番に巡って行く。ホテルを後にして目の前の国道8号線の歩道を200mほど彦根方向に走って、次の地蔵町交差点で国道8号線を横断して住宅地に入って行くと近江鉄道と東海道線を踏切で渡ると芹川に出る。右岸側の堤防上の道になる。まだ一分から二分咲きの桜並木が続く道を2kmほど走ると最初のポイントである中藪橋に着く。
ここは桜良の親友の滝本恭子役の大友花恋が春樹とお泊り旅行に行った桜良に電話をしているシーンを撮影したところ。ちょうど電話していたあたりにバイクを停めてみる(笑)

「フラワーズギフト花正」の建物(4/2 8:11@彦根市池洲町)
20220402005.gif
中藪橋を渡って左岸側から一つ上流側に掛かる池洲橋に戻ってもう一度芹川を渡ると、恭子の実家の花屋「TERAMOTO」の設定だった「フラワーズギフト花正」がある。花屋のシーン以外でも映画に出てきた観葉植物などはこのお店から提供されたとのことだったが、残念ながら数年前に閉店してしまったらしい。

彦根西高校旧校舎跡(4/2 8:13@彦根市芹川町)
20220402006.gif
フラワーズギフト花正から100mも離れていないところに彦根西高校の旧校舎跡がある。映画の撮影前には彦根西高校は彦根翔陽高校と統合されて彦根翔西館高校となって移転してしまっていたが、昇降口のシーンや体育館のシーンが撮影されたそうだ。、今は校舎は解体されてしまっていて、体育館と校庭が残っている。生徒たちが部活をやっていて関係ない人は敷地内には入れないので門の前で写真だけ撮っていく。

夢京橋キャッスルロード(4/2 8:17@彦根市本町1丁目)
20220402007.gif
彦根西高校跡から200mほどで本町2丁目交差点を右折、すぐに本町1丁目を左折すると、突き当りの彦根城までの道は「夢京橋キャッスルロード」という名前が付けられて、江戸時代の街並みに再現されている。喫茶店やブティック、飲食店などいろいろなお店が並んでいた。彦根城と一緒に観光するならブラブラしてみたいが、まだどこも開いていないし、今日はここでゆっくりしているわけにはいかないので、またの機会に楽しみは取っておくことにするか。

ポム・ダムール(4/2 8:21@彦根市立花町)
20220402008.gif
お濠に突き当たって京橋を右折、次の立花町西をお濠に沿って左折すると右手にお洒落なカフェ「ポム・ダムール」がある。映画では12年後の恭子がお花を配達して、登校中の春樹を見つけるシーンが撮影されたお店だ。ここもケーキが美味しいらしいのでゆっくりと休憩したいところだったが、先を急ぐ。

お濠を渡って城内へ(4/2 8:23@彦根市金亀町)
20220402034.gif
道路の左側は手すりも何もなく即お濠なので、咲きはじめた桜や周りの景色に気を取られてるとお濠に落ちてしまいそう(^^; 突き当りを左折して中堀を渡って佐和口から城内に入って行く。

内堀に架かる表門橋(4/2 8:24@彦根市金亀町)
20220402035.gif
二の丸佐和口多門櫓と開国記念館の間をクランク状に走り抜けて内堀にぶつかって道なりに左折すると、彦根城のメインの入口になっている表門橋の前に出る。お城に一番近い駐車場があるので、ここは観光客の姿が多い。桜はまだ二分~三分咲きだが、彦根城は桜の名所にもなっているので満開になったら壮観だろうな。。。

ポストに乗った彦根城(4/2 8:26@彦根市金亀町)
20220402009.gif
国宝・彦根城を目の前にして見学しないのは残念だけど、ここで見学してしまうと午後の予定が成り立たなくなってしまう。琵琶湖の周辺は観光スポットがたくさんあるので、ここは家族で旅行に来よう。
ってことでリスタート・・・する前にバイクを停めた脇にあったポストに乗っかっている彦根城の天守閣を写真に撮っておく。

こちらは大手門橋(4/2 8:30@彦根市金亀町)
20220402010.gif
内堀沿いの道を時計周りに走って行くと大手門橋がある。先ほどの表門橋と違ってこちらには人も少なくてひっそりとしていたが、こちらのほうが大手門という名前の通りメインの入口という感じだった。ちなみに天守閣に行くには表門橋からでも大手門橋からでも同じ所へ出るようだ。

彦根西中学校のグラウンド脇の道(4/2 8:33@彦根市金亀町)
20220402036.gif
大手門橋からさらに内堀沿いに進むと遠くに学校の校舎が見えてくる。校舎の手前で右に曲がると、彦根城見学よりも優先した景色が目の前に現れる。左手はフェンスの向こうが彦根西中学校のグランド、右手は彦根城の内堀でまっすぐ奥へと伸びた道がある。
ここは映画の中で通学路として使われていた道。そして桜良が最期に満開の桜を見るために春樹が待つスイーツパラダイスに向けて走って行く道。12年後に図書館で桜良の遺書を発見した春樹が恭子の結婚式場に向かって全力で走って行く道だ。

彦根西中学校のグラウンド脇の道(4/2 8:34@彦根市金亀町)
20220402011.gif
最初にここが出てくるシーンは桜が満開ノシーンだったので楽しみにしていたのだが、まだ開花したばかりという感じだった。でも雰囲気は感じられたので満足(笑)。通学路として使われたけど、実際の道は最後は行き止まりになるので引き返す。グラウンドでは陸上部がスタートの練習をしていた。

図書館の外観として使われた滋賀大学経済学部講堂(4/2 8:37@彦根市馬場1丁目)
20220402012.gif
元の道に突き当たって右折。すぐに道なりに左折すると中堀の向こうに特徴的な建物が見えてくる。旧彦根高等商業学校講堂として建てられた滋賀大学経済学部の講堂で、三角形の妻面と八幡瓦の屋根の上の換気用ドームの小塔が特徴ある建物だ。
ここも映画では図書館として使われていて、図書館内部は昨日行った豊郷町の旧豊郷小学校の酬徳記念館で撮影されたが、外観はこちらで撮影された。

滋賀大学彦根キャンパス正門と講堂(4/2 8:37@彦根市馬場1丁目)
20220402013.gif
すぐ先には滋賀大学彦根キャンパスの正門があって、映画の時は向かって左側の門柱に「桐岡學園」という校名が書かれた銘板が架かっていた。正門から見た講堂は映画の時の植栽がすべてなくなっていて雰囲気は少し違うが佇まいは映画のままだった。
門柱の向こうに見える掲示板と正門前のこの道路は映画のままだった。


【彦根~近江塩津】
彦根~近江塩津

今日の琵琶湖は穏やか(4/2 8:49@彦根市長曽根町)
20220402014.gif
滋賀大学を後にして次の城町二丁目東を右折して600mほど進むと長曽根町北で琵琶湖に突き当たる。横断歩道で湖畔側に渡って琵琶湖に突き出たテラスみたいなところで写真を撮る。昨日とは打って変わって湖面は穏やか。でも気温が低くてちょっと寒い。
キミスイ聖地巡りはいったんお休みにして、ここからはビワイチコースでしばらくサイクリングだ。

歩道は低速コース車道は高速コース(4/2 9:12@米原市磯 エクシブ琵琶湖前)
20220402015.gif
湖畔のさざなみ街道を今日も歩道の低速コースで進む。松原橋を渡って彦根港へ向かって左折してまた湖畔に出る。松並木が続く湖畔の道を進んでいくとテレビの鳥人間コンテストのプラットフォームが設置される場所の先でまたさざなみ街道に戻る。
彦根ビューホテルの先の烏帽子岩のところで少しだけ狭くなるが次の磯南で低速コースは左折してさざなみ街道から離れて湖畔の道へ。琵琶湖エクシブの手前でふたたびさざなみ街道に戻ると歩道が綺麗に整備されていてとても走りやすい。

長浜びわこ大仏は後ろ向き?(4/2 9:31@長浜市下坂浜町)
20220402037.gif
道の駅近江母の郷を通過して米原市から長浜市に入ると、右手に大きな長浜ドームの屋根が見えてくる。息子が高校生の時にハンドボール部の合宿で長浜ドームに行ったけどここか。
さらに進んでいくと長浜の市街地に入る手前右手大きな青い仏像が現れる。長浜びわこ大仏というらしい。青銅製の大仏は二代目らしい。
もう少しで長浜の町というところで背中に入れたスマホが振動しているのに気づいた。バイクを停めて電話に出ると昨夜泊まった彦根のルートインからだった。どうやら部屋にハンガーに掛けたままのアンダーシャツと枕元にワイヤレスイヤホンが忘れてあったらしく電話をくれた。着払いで家に送ってくれるようにお願いしてお礼を言って電話を切る。今朝寒いと聞いてアンダーシャツを薄手のものから起毛のものに変えたときにそのまま置いてきてしまったみたいだ。。。。(翌日夜帰宅したときにはすでに宅急便で到着していた)

長浜城(4/2 9:42@長浜市公園町)
20220402016.gif
さざなみ街道が湖畔を離れる港町交差点で左折して湖畔に向かう。長浜ヨットハーバーからホテル&リゾーツ長浜の外側の湖畔の歩道をぐるっと回って行くと広い豊公園に入って行く。公園の中を走って行くと正面に長浜城が見えてくる。お城の建物は1983年に復元されたもので内部は歴史博物館になっているけどここも中の見学はスルーする。桜はまだほころび始めたばかりだった。

ビワイチコースの案内標識(4/2 9:47@長浜市公園町)
20220402017.gif
豊公園を抜けてまたさざなみ街道に戻る。ビワイチの案内標識の隣に気温表示があって6℃と出ている。お天気だけど寒いわけだ・・・。ここからしばらくは湖畔の道の低速コースを走って行く。昨日の疲労が残っていて右足の脹脛と左膝が痛くなってきた。このあと峠越えがあるのに大丈夫なんだろうか。。。

しばらくはこんな感じが続く(4/2 9:53@長浜市川道町)
20220402019.gif
しばらくは立ち寄りポイントがないので、次の道の駅湖北みずどりステーションまで淡々と進んでいく。低速コースは車道から一段高いところを走るので眺めがいい。姉川を渡ってしばらく行くと左手前方に竹生島が見えてくる。脚は痛いけどまだ20km/hちょっと出るのでただペダルを回しながら道の駅まであと6km、5kmと数えながら走る。

やっと着いた道の駅(4/2 10:27@長浜市湖北町今西)
20220402018.gif
ようやく道の駅が見えてきたが、歩道が車道よりかなり高くて歩道から車道に降りられない。降りられるところもなくて道の駅を通り過ぎて湖北野鳥センターまで行ったら降りることができたのでUターンして道の駅まで戻って来る。
道の駅湖北みずどりステーションは琵琶湖屈指の夕日絶景スポットらしいが、サイクリストにとっては湖北を走るいろいろなコースの拠点となっていて、サイクルラックが何台か設置してある。まだホテルからは30kmを過ぎたくらいだが、もうだいぶ足に来ているので給水をして腰を下ろして休憩をしていく。

片山トンネルをくぐって湖畔から離れる(4/2 10:39@長浜市高月町片山)
20220402020.gif
リスタートして北上すると1kmほどで尾上温泉の手前で整備された歩道のコースは終わる。いったん車道に降りて尾上交差点の先で歩道が現れる。低速コースの案内で歩道に入ろうとしたところで段差で跳ねてライトが外れて車道に転がってしまった。後ろからは小型トラックと車が数台続いていてすぐに拾いに行けなかったが、幸いみんな気づいてくれたようで避けてくれたのでライトは無事だった。
左にカーブして片山漁港を過ぎると湖畔の道もおしまいで、右にカーブしながら片山トンネルに入って行くのだが、左側の歩道はなくなってしまうので、車の切れ目をみて反対車線の歩道に渡る。トンネル手前には「自転車・歩行者は右側歩道へ」という看板も出ている。トンネル内左側車線の監査廊と呼ばれる歩道のような狭いところは通行禁止になっている。

余呉川右岸のサイクリングロード(4/2 10:45@長浜市高月町重則)
20220402021.gif
トンネルを抜けて1kmほどで余呉川に出る。菅草橋の信号を左折して余呉川を渡って対岸のサイクリングロードに入る。ビワイチの高速コースはそのまま県道を直進だが、低速コースはこちらのサイクリングロードで路面に青いラインが引いてある。途中で散歩していた地元の人と「おはようございます。」と挨拶を交わしながら走る。

長くて狭い賤ケ岳トンネル(4/2 10:57@長浜市木之本町大本)
20220402022.gif
菅草橋から3kmほどの西山南橋で左折してサイクリングロードを離れて西山集落の中をショートカット。国道8号線の賤ケ岳トンネルの脇に出る。低速コースは少し上を走る県道で旧賤ケ岳トンネルを抜けるが、狭い歩道で長井賤ケ岳トンネルを抜けていく。トンネル内の歩道はところどころ水溜まりや段差があって少し走りにくい。

飯浦から湖畔の県道へ迂回(4/2 11:02@長浜市木之本町飯浦)
20220402023.gif
賤ケ岳トンネルを抜けて下って行くと国道は飯浦の先で長さ1kmほどの藤ヶ崎トンネルに入ってしまうので、手前の飯浦で左折して湖畔をぐるっと迂回する県道に入る。こちらは車も走っていないのんびりとした道だ。奥琵琶湖を眺めながらノンビリと走ると3kmほどでまた国道8号線にぶつかる。高速コースは左折だが、低速コースは国道を横断して旧道で集落に入って行く。

塩津浜の集落を抜ける(4/2 11:13@長浜市西浅井町塩津浜)
20220402024.gif
塩津浜は平安時代から、北陸・越後から敦賀を経由して運ばれてくる海産物、塩を琵琶湖の開運に繋ぐ重要な中継地だったらしい。江戸時代には、琵琶湖独特の帆船「丸子船」の基地としても栄えたそうだ。集落の中の街灯にはこの「丸子船」を象った飾りがあった。

道の駅あぢかまの里に到着(4/2 11:18@長浜市西浅井町塩津浜)
20220402025.gif
集落を抜けて国道8号線に戻るとすぐに道の駅あぢかまの里だ。名物の鮒寿しや鴨そばがあるらしいのだが、今日のランチは敦賀で食べたい。脚が痛いので休憩したいのだが、この先の峠越えは厳しそうだ・・・。道の駅から2.3kmで近江塩津駅があるので峠越えは電車に乗って・・・と思って電車の時間を調べると、敦賀方面は1時間に1本しかないが、次の電車は12:01発だ。今から行けば間に合うので休憩は後回しにして近江塩津駅に向かう。

近江塩津駅に到着(4/2 11:29@長浜市西浅井町余)
20220402026.gif
道の駅の先の塩津交差点で高島方面に向かう国道303号線を左に分けて、↑福井・敦賀の標識に従って国道8号線を直進する。
遠くに見えていた湖西線の高架橋をくぐると近江塩津駅に着く。
30分くらい時間があるので輪行準備をしてもまだ余裕だ。輪行準備をしている間に米原からの電車が到着して一気ににぎやかになった。

【近江塩津~敦賀】
近江塩津~敦賀

近江塩津駅のホーム(4/2 11:50@長浜市西浅井町余)
20220402027.gif
自販機でジュースを買って少し休憩してから新疋田まで一駅分の切符を買って長い通路と階段を昇って早めにホームへ向かう。米原からの乗り継ぎの人が結構いて、自転車置くところあるかな?とちょっとだけ心配になる。やがて湖西線の高架を走る電車の音が聞こえてきて網干発湖西線経由の新快速敦賀行きが到着した。

新疋田に到着(4/2 12:09@敦賀市疋田)
20220402028.gif
12:01発の電車は空席はあったが一駅7分なので輪行袋をドア脇に立て掛けて抑えながら立っていると長いトンネルを抜けたらすぐに次の新疋田駅に到着した。

新疋田駅前(4/2 12:20@敦賀市疋田)
20220402029.gif
新疋田のホームに降りたのは二人だけ。駅は無人駅で電車が出発してしまうと静けさに包まれていた。駅前で輪行解除してリスタート。駅前を通る国道161号線に出て下って行くとすぐに疋田交差点で国道8号線に突き当たる。

桜良の自宅(4/2 12:46@敦賀市)
20220402030.gif
国道8号線に合流すると片側二車線の道になって下って行く。大型トラックも通ってちょっと怖いが、小河口の先で自動車専用道になるバイパスと別れて側道に入ったら車が減って走りやすくなった。
北陸本線を越えて小浜線の踏切を渡ると敦賀市街に入って行く。岡山町1丁目で左折して金山バイパスに入り、途中で側道に降りて市街地に入ってゴニョゴニョ走って行くと、目的の桜良の自宅として映画で使われた家が見えてきた。さすがに個人宅なので見学やじっくり見たりはできないが、この家の前と家の中で重要なシーンが撮影されたところだ。

ランチは日本海さかな街で(4/2 12:51@敦賀市若葉町1丁目)
20220402031.gif
お腹が空いてきたので、予定通りに日本海さかな街に向かう。駐車場の隅に自転車を停めて建物に入って行くと入口に大きな案内看板とその向こうにメニュー写真が並んだ壁があった。ちょうど裏側は海鮮系のお店になっていた。

焼きさばのはまやき安兵衛(4/2 12:53@敦賀市若葉町1丁目)
20220402032.gif
お目当ては会社の人に教えてもらったはまやき安兵衛の焼きさばだ。店内マップでお店の位置を確認してお店へ。海鮮やカニなどいろいろなお店があって、事前に調べておかないと迷ってしまう。

焼きさば旨い!(4/2 12:58@敦賀市若葉町1丁目)
20220402033.gif
お店では持ち帰り用のほかにカウンターと座席で焼きさばが食べられる。メニューはいろいろあるが迷わず「焼きさば定食」にした。
少し待つと焼きたての大きなサバ一匹が登場。とっても肉厚で特製の生姜醤油を掛けて食べるとまいう~♪ボリューム満点でした。マンガみたいに頭としっぽと背骨だけ残して全部いただきました。とっても美味しかったので焼きさば寿司をお土産に買っていくことにする。店員さんに聞いたら明後日まで大丈夫とのことで1本買おうとしたら鰆寿司と2本で¥2,000でいいからって言われて2本買ってしまった(^^;


~~~後半につづく~~~

2日目もお天気で良かったねってことでポチっとよろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

【旅行記】2022リハビリ&聖地巡りライド(1日目後半)

さて、お腹もいっぱいになってリスタートするところから1日目後半の開始です。

【竜王~八日市】
竜王~八日市

日野川を渡って近江八幡市に入る(4/1 12:53@近江八幡市東川町)
20220401026.gif
道の駅から国道8号線に戻って走り出すと最初は緩やかな下り。でもすぐに平坦になって向かい風。。。積水樹脂の工場を過ぎて日野川に向かって登り始めると20km/hを切ってしまう。日野川は車道の左側に旧道の橋が歩道になって残されていたので手前から歩道に入ってノロノロ登る。横関橋を渡ると近江八幡市に入って次の東川町交差点で右折して県道541号綾戸東川線に入る。交差点の角に近江牛の毛利志満本店の大きなお店があって肉のデッカい看板が出ててちょっと惹かれる(笑)

国道を外れるとこんな道(4/1 12:55@近江八幡市東川町)
20220401027.gif
右折して400mほどで畑の中の道へ左折すると写真のような道になる。畑の中の一本道で向かい風を遮るものがなくなってまた20km/h以下に落ちてしまう。50kmを越えてヘロヘロしながら進んでいきます。突き当りの馬見岡神社の前で右折して、すぐ先の岩倉交差点のY字路を左折して県道41号線で東近江方向へ進んでいく。向きが変わると向かい風が無くなってちょっとだけスピードが上がる。

勝ち運の神様・太郎坊宮への参道(4/1 13:23@東近江市小脇町)
20220401028.gif
岩倉の先で東近江市に入り、光明寺前で左折して県道168号下羽田市辺線に入るとまた向かい風。。。近江鉄道の市辺駅前でクランク状に左折右折して八風街道に入る。小脇町を直進すると、大きな鳥居が見えてくる。いったん停まって写真を撮って行く。鳥居には「太郎坊宮」と書かれていて、鳥居の奥に岩山と中腹に大きな建物が見える。
正式名称を「阿賀神社」といい、「阿賀神社」を守護する天狗の名前が「太郎坊」だそうだ。確かに絶壁の岩山だから修行するにはもってこいかも。参拝するには長い石段を登って行くみたい・・・。

蔦が絡まる木造駅舎の新八日市駅(4/1 13:27@東近江市八日市清水二丁目)
20220401029.gif
道は近江鉄道の線路と並行していて、八日市の町中に入る手前に駅があった。木造の緑の駅舎に蔦が絡まって雰囲気があったのでちょっと寄り道。駅は新八日市駅で、平日の朝7:00~8:50だけ有人でこの時間は無人駅になっていた。ホームは相対式の2面2線で電車まで時間があるので誰もいなかった。

清水川散策路の桜(4/1 13:32@東近江市八日市本町)
20220401030.gif
コースに戻って近江鉄道の踏切を渡ると八日市の中心街に入って行く。次の角を左折すると小川を渡るところで桜が綺麗に咲いていた。小川沿いに散策路があって、清水川散策路という名前がついている。清水川は「しゅうずがわ」と詠むらしいが、桜の名所になっているみたい。

日曜、11時に待ち合わせした駅前(4/1 13:34@東近江市八日市浜野町)
20220401031.gif
200mほどで近江鉄道八日市駅前の広場に出る。広場の中央には鐘がついたモニュメントが建っていて、バイクを停めたところが「僕」役の北村匠海が桜良役の浜辺美波から「日曜、11時に駅前集合!」と言われて待って座っていたところだ。撮影から6年が経って植栽が無くなっていたり、ベンチが変わっていたりするが、このモニュメントと駅舎は変わっていなかった。

駅の二階にある近江鉄道ミュージアム(4/1 13:43@東近江市八日市浜野町)
20220401032.gif
窓口に行って硬券の入場券を買い、2階の近江鉄道ミュージアムに行きたいと言うと、入場券と同じ硬券の来場記念入場券をくれた。ミュージアムは改札内に入って跨線橋とつながった2階にある。展示室は小ぢんまりしているが運転台や昔の機械、近江鉄道の歴史や沿線の案内などが展示されていて鉄ちゃんにはオススメです。

【八日市~豊郷】
八日市~豊郷

八日市駅からサイクルトレインに乗る(4/1 14:06@東近江市八日市浜野町)
20220401033.gif
ミュージアムを見学して次の目的地の豊郷に向かおうと思って改札で次の彦根方面の電車の時間を確認すると次は14:11発だった。近江鉄道は確かサイクルトレインを運行していて自転車のまま電車に乗れたはず。土日は終日利用可能だが、平日は日中だったはず。改札で確認すると「大丈夫」とのこと(9~16時台利用可能)なので、豊郷まで電車に乗ることにして、豊郷までの切符を買って待合室に座って少し休憩。60kmちょっと走って脚も痛くなっているのでちょどよかった(^^;
14:00過ぎに自転車を牽いて改札を抜けてエレベーターで跨線橋を渡って2番線に向かう。3番線には14:16発の近江八幡行の電車が停車していた。

そのまま電車へ(4/1 14:14@東近江市八日市)
20220401034.gif
ホームで電話を待っているとさっき通った踏切が鳴って遠くから電車がやってきた。近江鉄道の電車はすべて2両編成で自転車は2両目に載せることになっている。幸い電車は空いていて、一番後ろのスペースに置くことができた。座ってもいいのだけど、結構揺れるので後ろの運転席から景色を眺めながら自転車を支えて立ったままだった。

豊郷あかね(4/1 14:30@犬上郡豊郷町八目)
20220401035.gif
八日市から豊郷までは4駅、17分の短い旅だった。豊郷駅は無人なので、2両編成の後ろの車両のドアは開かないので、降りる際は運転手のいる一番前のドアまで車内を自転車を牽いて行かないといけない。運賃箱に切符をいれてホームに降りる。
ホームには鉄道むすめ「豊郷あかね」のイラストが描かれた駅名票があった。

豊郷駅はコミュニティハウス兼用(4/1 14:31@犬上郡豊郷町八目)
20220401036.gif
豊郷駅は無人駅で駅舎はコミュニティハウス兼用になっているが、駅舎内にある案内所はシャッターが下りていた。

旧豊郷小学校に到着(4/1 14:37@犬上郡豊郷町石畑)
20220401037.gif
Google Mapで目的地の旧豊郷小学校の位置を確認してリスタート。駅前の道を300mほど走るとコースに復帰する。右折して旧中山道に入って600mほど走ると目的地の旧豊郷小学校に到着。

【豊郷小学校旧校舎群】

旧豊郷小学校の正面玄関(4/1 14:40@犬上郡豊郷町石畑)
20220401038.gif
校門を入ると両側が広い駐車場になっていた。自転車はどこへ停めればいいのかな?と思って見回すと、左手の酬徳記念館の前にサイクルラックが並んでいた。自転車を停めてから正面玄関に回る。
この豊郷小学校旧校舎群は、「君の膵臓をたべたい」の舞台である桐岡学園の教室や図書室の内部の撮影が行われたところ。正面玄関も映画の冒頭に小栗旬が校舎から出て図書館に向かうシーンで使われているが、それよりもアニメ「けいおん!!」の聖地としてのほうが有名かもしれない。

階段のてすりにいるウサギとカメ(4/1 14:42@犬上郡豊郷町石畑)
20220401039.gif
校舎に入るにはまず検温とアルコール消毒をした上で、入口でスリッパに履き替える。校舎の1階は町立図書館や子育て支援センターやシルバー人材センターなどが入っている。階段で2階に登ろうとしたら手すりにウサギとカメがいた。この階段もアニメにでてくるところ。

二階に並ぶ教室(4/1 14:43@犬上郡豊郷町石畑)
20220401040.gif
二階は教室が並んでいて、教室のシーンや廊下のシーンはここで撮影された。残念ながら二階の教室は中には入れないようになっていた。

三階踊り場から見た屋上(4/1 14:43@犬上郡豊郷町石畑)
20220401041.gif
階段に戻って三階へ。踊り場の右手には屋上へ出るドアがあるが、残念ながら鍵がかかっていて屋上には出られない。ここも桜良が「僕」こと春樹に想いを伝えるシーンと恭子が春樹に桜良に対する思いを伝えるシーンで使われている。桜良が屋上から風見鶏のあるところへ階段を昇って行くシーンが印象的だったので外に出て階段登ってみたかったな(笑)

三階にある会議室はけいおんの部室(4/1 14:45@犬上郡豊郷町石畑)
20220401042.gif
踊り場から正面には唱歌室、左手には会議室がある。この会議室は桜高軽音部の部室のモデルとなった部屋で、黒板にはファンが書いたメッセージがいっぱい書かれていた。部屋には「天使にふれたよ!」の楽譜が乗ったオルガンや「放課後ティータイム」を再現しているかのように机の上にお茶とお菓子が並べられていた。

酬徳記念館(図書館)の内部(4/1 14:56@犬上郡豊郷町石畑)
20220401043.gif
もう一度二階を見てから一階に戻って、いったん玄関を出て右手の酬徳記念館へ。今は内部は観光案内所兼土産物販売所になっているが、映画では図書館の内部として使われたところだ。

入って左手にある観光案内所のカウンター(4/1 14:56@犬上郡豊郷町石畑)
20220401061.gif
こちらも靴を脱いでスリッパに履き替えて中に入ります。すぐ左手にはカウンターがあって今は観光案内所になっていますが、このカウンターは映画のタイトルバックで桜良が書き物をしていたカウンター。映画の時はもう少し前にあって後ろには壁がありましたね。映画の最後で桜良が春樹と恭子宛に手紙を書いていたところでもあります。

反対側のカウンター(4/1 14:56@犬上郡豊郷町石畑)
20220401044.gif
正面奥にもカウンターがあって、AIの女の子が案内をしていましたが、このカウンターの後ろの扉が萌えポイント(笑)
図書館内部のシーンで春樹の「なにこれ。分類番号メチャクチャじゃん。ちゃんと分類表よく見てよ」に対して、桜良が「ちょっとくらい間違えたっていいじゃない。がんばって探して見つけた方がうれしいでしょ。宝探しみたいで」と言ってコテンとドア枠に頭を傾けるシーンは浜辺美波ファンがハートを射抜かれたところですね(^^ゞ また、12年後、春樹のなかで桜良と交わした同じ会話が脳裏に蘇って桜良の手紙を発見するきっかけとなった重要なシーンでもありました。

キミスイコーナー(4/1 14:57@犬上郡豊郷町石畑)
20220401062.gif
奥のカウンターの右手には給湯室があって、その右側がキミスイコーナーになっていました。大きな校章は映画の時は奥のカウンター上部の壁に掛かっていましたね。浜辺美波と北村匠海のサインがありましたが、映画の中で桜良が春樹に貸してくれた星の王子様の裏表紙と図書カードに掛かれていたスマイルマークは浜辺美波が書いたものみたいです。

キミスイコーナー(4/1 14:57@犬上郡豊郷町石畑)
20220401045.gif
隣には映画「君の膵臓をたべたい」~図書館ができるまで~という映画の中の図書館のメイキング写真集がありました。残念ながら中身は撮影禁止とのこと。オフィシャルガイドブックも置いてありました。6年も経っているので色褪せてしまっているのがもったいないですね。

こちらはけいおん!コーナー(4/1 15:03@犬上郡豊郷町石畑)
20220401046.gif
奥の左手はけいおん!コーナーになっていて、楽器やグッズが整然と並べて展示してあって圧倒されてしまう。なんでもファンが持ち寄ってグッズ関連はすべてここに集めてあるらしい?

螺旋階段で2階へ(4/1 15:04@犬上郡豊郷町石畑)
20220401047.gif
狭い螺旋階段で2階に登ると、等身大のパネルやフィギュアが展示されていて、見学に来た人がかわりばんこに写真を撮っていた。ここに見学に来る人は大半がけいおんファンで、キミスイのファンは映画公開からだいぶ時間が経っているのであまり来ないみたいです・・・(^^ゞ


【豊郷~彦根】
豊郷~彦根

町を離れるとこんな感じ(4/1 15:19@犬上郡豊郷町四十九院)
20220401048.gif
キミスイ成分を満喫して、15:17頃に出発。次のポイントは多賀大社だ。600mほどで四十九院の信号を右折すると集落から外れて畑の中の道になる。左手には遠く伊吹山が見えていた。近江鉄道の踏切と東海道新幹線のガードをくぐって2kmほどは追い風区間だったけど、法養寺で左折して県道13号線に入るとまた向かい風。夕方に近くなって益々風が強くなってスピードが15,6km/hまで落ちる。犬上川を渡って近江鉄道の大社線の手前で右折するまでの4km弱のこの区間は修行区間だった@@@@


近江鉄道多賀大社前駅(4/1 15:42@犬上郡多賀町多賀)
20220401049.gif
多賀大社の手前で多賀大社前駅にちょっとだけ立ち寄る。駅前には大きな鳥居があった。有人駅かなと思ったけど無人駅でした。窓口はシャッターが下りていましたが、駅舎内にある観光案内所は人影はありませんでしたがやっているようでした。

多賀大社へお参り(4/1 15:50@犬上郡多賀町多賀)
20220401050.gif
大鳥居をくぐって川を渡って左折して多賀大社の表参道である絵馬通りに入るが、平日の夕方のせいか、参拝客どころかお店も閉まっていて人影がない。少し拍子抜けしながら正面の鳥居まで来たらようやく2軒だけ糸切餅を売るお店が開いていた。邪魔にならないところに自転車を停めて参拝する。

無事をお祈り(4/1 15:53@犬上郡多賀町多賀)
20220401051.gif
多賀大社は「延命長寿・縁結び・厄除け」の神様ということで、今回のサイクリングの無事をお祈りする。広い境内だけど参拝客は私を入れて3人しかいなかったのでとても静かだった。参拝を終えて自転車まで戻ってくると名物の糸切餅に少し惹かれたけど、この先をどうするか迷っていて、そのまま出発してしまった。今思えば糸切餅を食べるくらいの余裕はあったんだけどなぁ・・・。

桜良の葬儀の撮影をした多賀公益社(4/1 16:05@犬上郡多賀町多賀)
20220401052.gif
次のポイントは多賀大社から1kmほどの多賀公益社だ。ここは通り魔に刺されて亡くなった桜良の葬儀の撮影がされたところ。ここも敷地内に入るのは憚れるので道路から写真を撮るだけ。もともとコースを引いたときはチェックポイントはここが最後であとは3km先のホテルに向かうだけだったのだが、80kmは超えているが予定よりも1時間ほど早いので、オプションで考えていたポイントに行くことにする。あとでとっても後悔することになるとも知らずに・・・。

高宮駅に寄る(4/1 16:20@彦根市高宮町)
20220401053.gif
近江鉄道多賀大社線に並行する県道224号多賀高宮線に入って北西に向かうと・・・足が痛くなっているのと向かい風とで漕いでも進まない@@15km/h以下でヘロヘロになって進んでいく。危ないので広い歩道を進んでいく。新幹線のガードの手前の左側に自販機とベンチがある建物があったので風を避けながら給水してちょっと休憩していく。夕方になって気温が7℃まで下がっていた。
リスタートして県道がアンダーパスに入る手前で左折して住宅街を抜けて裏側から高宮駅に出る。ここは有人駅で硬券の入場券を売っていた。

高宮駅は跨線橋がない(4/1 16:27@彦根市高宮町)
20220401054.gif
入場券に挟みを入れてもらい、駅員さんの許可をもらって構内を見学させてもらう。ここは近江鉄道本線の湖東近江路線と多賀大社線の分岐駅なのだが、本線の下り八日市方面の2番線と多賀大社線の3番線のホームがハの字型になっているのが新幹線の車窓から見えていていつか来てみたいと思っていたので夢が叶った(笑)。

多賀大社一之鳥居(4/1 16:33@彦根市高宮町)
20220401063.gif
高宮駅前から300mほどで突き当りを左折して旧中山道に入る。ここから1kmちょっと豊郷方向に戻る。このあたりは中山道高宮宿で宿場町の雰囲気がよく残っている。高宮鳥居前という信号で停まって多賀大社一之鳥居の写真を撮って行く。石灯籠の後ろの桜が満開ならもっと絵になったかもしれない。

強風が吹いて湖面が揺れる野田沼(4/1 16:57@彦根市須越町)
20220401056.gif
犬上川を渡って法士町で右折して荒神山通りに入るとまた北西に向かうので向かい風になる。国道8号線を横断すると東海道線の跨線橋が見えてくるのだが、この登りがとってもキツい。途中で足着くかと思った(^^;
ローソン彦根甘呂町店の周りをクランク状に抜けてもう一度北西に向くと畑の中でなにも遮るものがなくなって13km/hまでスピードが落ちる。前を向くと正面から風を受けてしまうので下を向いてひたすらガマン。荒神山通りが野田沼に突き当たって道なりに左に大きくカーブするとようやく人心地。右手の湖面は風で大きな波が立っていた。宇曽川沿いに北上して須三嶺大橋で宇曽川を渡ってさざなみ街道に入って2kmほど走って右折して本隆寺前の集落を抜けると・・・・


あのベンチ(4/1 17:15@彦根市石寺町)
20220401057.gif
どうしても来たかったインスタ映えポイントの「あのベンチ」。ビワイチのコース上で夕日と多景島を眺めるポイントになっている。夕日のタイミングには少しだけ早いけど6℃までさがっていて強風で体感は氷点下。琵琶湖から吹き付ける風と飛んでくる波しぶきでベンチに座ってまったり・・・なんてしていられない@@@

あのベンチから見た伊吹山(4/1 17:18@彦根市石寺町)
20220401058.gif
何枚か写真を撮って、指先がすっかり悴んでしまったので指ぬきのグローブからフルフィンガーに変えて早々にあのベンチを後にする。

今日の泊りはルートイン(4/1 18:03@彦根市東沼波町)
20220401059.gif
湖畔の道からさざなみ街道に合流して大藪南町まで行って右折するとようやく最後は追い風。100kmを越えてもう脚もボロボロになって今日の泊りのホテルルートイン彦根に到着。なんとか日没前に着いた。

自転車持ち込み可でよかった(4/1 18:11@彦根市東沼波町)
20220401060.gif
ルートインポンタカード会員向けの無料アップグレードでお部屋はシングルからダブルにアップグレード。しかも溜まっていたポイントを充当したので今晩のホテルは無料♪自転車は部屋に持ち込み可で、しかも最上階の10階の部屋からは彦根城まで見えた。
早速大浴場に行って冷え切った体をゆっくり暖める。ウェアの洗濯と乾燥している間に1階のレストランで夕食を食べる。チキン南蛮定食と近江牛の餃子をオーダーしたけどボリュームがあって美味しかった♪
乾燥が終わったウェア類をハンガーに掛けてベッドに横になっていたらそのまま寝落ちしたらしい。。。脚がとっても痛いけど明日も走れるのかな????

~~~一日目おしまい~~~


桜満開で良かったねってことでポチっとよろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村

【旅行記】2022リハビリ&聖地巡りライド(1日目前半)

とっても久しぶりの更新になってしまいましたが、今回は先週久しぶりに自転車でお出かけしたのでその様子をお送りしたいと思います。

コロナでほぼ自宅テレワークと、仕事が忙しいのとも相まってこの2年くらいデブ化が加速。腰のヘルニアも悪化してまともに自転車に乗れなくなっていましたが、さすがになんとかしなきゃと思い、年末に見てハマった映画のロケ地を見に行くことをしばらく前から計画していました。

その映画とは、2017年に公開されて話題となった「君の膵臓をたべたい」です。実写版と劇場アニメ版とありますが、実写版映画のロケ地は滋賀県を中心に点在していて、ロケ地マップもあったので、参考にしながらサイクリングコースを引いてみました。
全体を3日間の行程として、以下のようにプランニングしました。

1日目:京都~彦根
2日目:彦根~敦賀
3日目:敦賀~福井

実行する時期は、実写版映画のポスターやDVDの表紙になっていて、映画の中でも重要なシーンで使われた京都の「伏見であい橋」が満開の桜でいっぱいになって、まさに映画の世界が再現される3月末~4月頭として、仕事と桜の開花情報にらめっこをしていましたが、ちょうど先週末と京都の桜が満開近い状態になりそうだったので、金曜日に有休を取って4カ月間暖めていたプランを実行してきました。

1日目のルート#キミスイ聖地巡り
20220401route.gif

新横浜6:11発ののぞみ79号で京都へ(4/1 6:09@新横浜駅)
20220401001.gif
5:00に起きようと目覚ましを掛けておいたら4:45に目が覚めてしまった。まるで遠足前の小学生みたい(笑)。生憎の雨なので嫁さんに新横浜駅まで送ってもらったけど、あとから行きたかったと言われてしまった(^^;
新幹線は車両の一番後ろの特大荷物付きの座席を予約。自転車は事前予約なしでも大型荷物扱いはされないけど、デッキよりは自席の後ろの方が安心だ。早割なのでグリーン車だけど普通車指定席の通常の料金よりも安くてお得だ。駅弁を食べながらボーっと車窓を見ていたら掛川くらいまでは雨で、浜名湖を通過するくらいから路面が渇き始めて名古屋を過ぎたらいつの間にか晴れていた。

【京都駅~伏見であい橋~醍醐寺~大津】
京都駅~大津


京都駅八条口から出発!(4/1 8:20@京都駅)
20220401002.gif
京都には定刻8:02に到着。エレベーターで改札に降りて八条口へ。タクシー乗り場の脇で輪行解除してGPSをセットして準備完了。8:20過ぎに出発。まずは今日最初でかつ今回の旅のメインディッシュでもある伏見であい橋へ向かう。

鴨川に架かる勧進橋わきの桜(4/1 8:26@京都市南区)
20220401003.gif
ホテル京阪とホテルエルシエント京都の間の竹田街道を一路南下すると1.5kmほどで鴨川に架かる勧進橋を渡るのだが、右岸の堤防上には桜並木があってほぼ満開!思わず自転車を停めてパチリ。これなら伏見であい橋も期待できそうだ♪

角倉橋と満開の桜(4/1 8:42@京都市伏見区三栖半町)
20220401004.gif
竹田街道をさらに南下して名神高速をくぐり、近鉄京都線のガードをくぐると、その先から町屋の間を抜ける一方通行の狭い道になる。一時停止を繰り返して進んでいき、疎水放水路と濠川を渡ると大きな倉庫の前で突き当りになる。いくつか並ぶ倉庫は月桂冠の昭和蔵らしい。右折してまた濠川を渡ってすぐ左折。濠川に沿って住宅街の中を進んでいくと油掛通の先で道がクランク状に曲がっている。クランクの出口が角倉橋で水路と道路の向こうの光徳寺の桜が満開になっていた(上の写真)。

伏見であい橋に到着!(4/1 8:45@京都市伏見区三栖半町)
20220401005.gif
角倉橋のすぐ先が目指す伏見出会い橋ですが、道路から直接アクセスできません。階段を降りて小さな橋を渡ると、角倉了以水利紀功碑が建つ中州に出ます(上の写真)。石碑の周りの桜の前には桜を撮影するカメラ愛好家の方々が10名以上集まっていました。

満開のであい橋(4/1 8:46@京都市伏見区北浜町)
20220401006.gif
カメラマンたちの間を抜けてであい橋の階段を昇って行くと・・・・・夢に見たキミスイの世界。会社休んで来た甲斐があった(笑)

君の膵臓をたべたい(4/1 8:46@京都市伏見区北浜町)
20220401007.gif
12年後の「僕」役の小栗旬が佇んでいた場所にバイクを停めていろんな角度で場所を変えながらしばし写真撮影。まだ時間が早いお蔭か人が少なかったので写真に人が入らずに撮影できた♪

水路の両側は遊歩道(4/1 8:48@京都市伏見区北浜町)
20220401008.gif
水路の両側は遊歩道になっていて散策を楽しめるようになっている。水路には伏見十石船という観光船も運行されているらしい。水路沿いは桜並木になっているので満開の桜を眺めながら次の京橋まで右岸側を自転車を押して歩いて行く。左手は京姫酒造の酒蔵が並んでいて、酒蔵と桜の取り合わせが絵になっていた。

坂本龍馬が襲われた寺田屋旅館(4/1 9:00@京都市伏見区南浜町)
20220401009.gif
京橋の下から階段を昇って京橋の袂に出ると直ぐわきに「伏見口の戦い激戦地跡」という石碑が建っていた。和菓子屋の角から路地を入ると直ぐに左手に「旅籠寺田屋」と書かれた建物がある。幕末に坂本龍馬が伏見奉行に襲撃を受けた寺田屋事件の舞台となったところだが、当時の寺田屋は鳥羽伏見の戦いで焼失していて、すぐわきに「史蹟寺田屋」という石碑が建っているところが寺田屋の跡地だそうだ。

桜と伏見十石船(4/1 9:04@京都市伏見区本材木町)
20220401011.gif
次の蓬莱橋を渡って運河(宇治川派流)沿いを走って行く。こちら側は桜並木で対岸は月桂冠の大倉記念館だ。次の辨天橋の下から「伏見十石船」が出ている。

辨天橋の反対側は桜がいっぱい(4/1 9:04@京都市伏見区本材木町)
20220401012.gif
辨天橋から反対側は目の前からずっと両側の桜並木が運河に桜のトンネルを作っていて写真を撮っている人がいっぱいいた。京阪の踏切を渡って、近鉄奈良線の高架をくぐって観月橋北詰に出る。側道からは直進できないので横断歩道を押して渡ってから府道7号宇治京都線に入って次の目的の醍醐寺を目指します。

桜が満開の醍醐寺(4/1 9:30@京都市伏見区醍醐東大路町)
20220401013.gif
六地蔵で左折して外環状線に入り、醍醐石田団地の中を抜けて府道36号大津宇治線に入ります。最初コースを引いた時は醍醐寺に寄るつもりはなかったけど、開花情報で満開の通知があったので途中で醍醐寺に寄って行きます。
醍醐和泉で右折、すぐ左折して旧奈良街道に入るとすぐに醍醐寺に到着します。
駐車場は有料ですが、誘導係のオジサンが駐車場の隅にある駐輪エリアへ誘導してくれます。駐輪代は無料です。駐車場の奥の石畳は両側の桜が見事に満開でした。

醍醐寺霊宝館(4/1 9:33@京都市伏見区醍醐東大路町)
20220401014.gif
秀吉の「醍醐の花見」で有名な醍醐寺。中でも五重塔と枝垂桜の構図は観光パンフレットなどでもよく目にします。本当は中に入ってゆっくりと見て回りたいところですが、今回の目的は聖地巡りなのと、夕方までに寄り道しながら彦根まで走らないといけないので、ぐっとガマンして醍醐寺を後にして次の目的地の大津へと先を急ぎます。。。

山科追分(4/1 10:08@京都市山科区鬚茶屋屋敷町)
20220401015.gif
醍醐新町で右折して府道36号線に戻って北上。緩い登り基調が続きます。山科の街を左手に見下ろして坂を下って名神高速をくぐると急に道が狭くなる。そこへ普通の路線バスが通っているのですれ違えずに渋滞していた。渋滞の先頭になっているバスがバス停に止まった際に前に出ると走りやすくはなったけど緩い登りがずっと続く。
山科大塚で国道一号線を横断して大津宇治線を進むともう一度国道一号線にぶつかる。ここまで京都駅から18km。ちょうどローソンがあったのでアクエリアスと補給食代わりにスニッカーズを買って一口齧る。
国道一号線を地下横断歩道でくぐって反対側へ続く大津宇治線を進むと名神高速の京都東料金所の下をくぐった先から一気に斜度がキツくなる。そのまま旧東海道に突き当たるまでがちょっとキツい登りだった。
突き当りが山科追分で東海道と伏見街道(奈良街道)の分岐点になっている。

京阪電車がやってきた(4/1 10:15@大津市大谷町)
20220401016.gif
追分で右折して滋賀県に入って旧東海道を進む。すぐに国道一号にぶつかるが、信号がなくて交通量が多いのですぐわきにある歩道橋で向こう側に渡る。国道一号はここから逢坂関まで1.6kmの登りが続く。左手には京阪京津線と名神高速が寄り添ってくる。重い体のせいで後ろに引っ張られながらゼーハーしながら進んでいくと京阪電車がやってきた。

大津港は風ビュービュー(4/1 10:31@大津市浜大津5丁目)
20220401017.gif
なんとか逢坂関まで登り切ると下りはあっという間。逢坂一丁目で左に分岐して県道558号線に入って大津の町中を下って行く。途中から京阪京津線が路面を走る区間を通りびわ湖浜大津駅前で京阪石山坂本線を横断して突き当りの大津港へ。
湖畔に出て写真を撮っていると、琵琶湖からの強烈な風に煽られてコンクリートブロックに立て掛けていた自転車が倒れてしまった。

旧大津パルコ前(4/1 10:45@大津市打出浜)
20220401018.gif
なぎさ公園の波打ち際を走って行くと風に煽られて波しぶきがかかる。時折横からの風でハンドルが取られてしまう。屋上に大とんぼの「あきつ君」がいる琵琶湖文化会館前からなぎさ通りの車道に戻って進むと次の目的地の旧大津パルコ(Oh ! Me 大津テラス)に到着する。
ここは街頭ビジョンのニュースで桜良が待ち合わせに来れなかった理由を「僕」が知ることになったところ。街頭ビジョンは合成なのでもともとないが、大津パルコも映画が封切直後の2017年8月に閉店していて、2018年からは複合商業施設「Oh!Me大津テラス」になっている。撮影時にはなかった丸い建物やセブンイレブンもできていて、当時とはだいぶ景観も変わっていました。

【大津~守山~竜王】
大津~竜王

近江大橋へ(4/1 10:55@大津市丸の内町)
20220401019.gif
Oh ! Me 大津テラスのすぐ先のにおの浜二丁目で県道18号大津草津線に入ります。さすがに交通量が多くて全然スピードが出ないので車道が怖いw 1kmちょっと走って大津湖岸なぎさ公園で車道から歩道の自転車走行帯へエスケープ。湖岸の道路にはブルーのラインが引かれていて、ビワイチ(琵琶湖一周)コースが高速コースと低速コースの案内が出ている。とても分かりやすいのでブルーラインとところどころにある標識に従って走れば迷うことがないようにきちんと整備されていて、サイクリストには素晴らしい環境だ。ただ高速コースは車道、低速コースは歩道の自転車通行帯になっているところが多いので、私のようにスピードが出なかったり、車に邪魔されずにノンビリ走りたい人には低速コースがオススメだと思う。

近江大橋を渡る(4/1 10:58@大津市丸の内町)
20220401020.gif
すぐにビワイチコースから外れて、近江大橋の歩道を登って行く。強風が向かい風になったのと緩やかだけど橋の中央までは登りなので何気にキツい(^^ゞ
近江大橋を渡り切る手前から前方の歩道にしゃがみこんでいる人影が見えたので、なんだろう?と思っていたら可搬式装置を使った速度違反の取り締まりをやっていた。歩道にお店を広げているから邪魔なんですけど・・・って思って警官を見ていたら目を逸らされてしまった@@@

三角地公園の桜(4/1 11:11@草津市御倉町)
20220401021.gif
しばらく歩道を走っていたけど、新浜町の交差点を過ぎて交通量が減ったので車道に戻る。京都は暖かかったけど、滋賀県に入って風が強いのと気温が下がっていて寒くて指切りのグローブだと指先が冷たい。
このあたりの川はみんな天井川になっていて、川に差し掛かるとアップダウンがある。そんな川の一つ、草津川の手前にあった公園には桜がいっぱい咲いていた。後で調べたら三角地公園という名前で、翌日の4/2に草津川桜557フェスタin2022が開催される予定だったようだがコロナで中止になってしまったみたい。肝心の桜のほうはまだ5分咲きって感じだった。

滋賀県立総合病院(4/1 11:45@守山市守山5丁目)
20220401022.gif
しばらく平坦な道が続き、向かい風にヤラれ始めて、まだ30kmを超えたばかりなのにもう脚が痛くなり始める。。。次のポイントの滋賀県立病院まであと8km、あと7kmと思いながら走っていると前方遠くに病院が見えてきた。大きな守山市民ホールの前を通過して市民球場前で右折して少し走ると滋賀県立総合病院に到着する。
この病院のロビーで「僕」が桜良の共病文庫という日記を拾って、桜良が膵臓の病いに侵されて余命わずかということを知るという二人の出会いのシーンが撮影されたところだけど、さすがにこのご時勢では患者以外は入館禁止なので病院内に入れない。外観だけ写真に撮ってシーンを思い出すにとどめることにした。

旧中山道の街並み(4/1 11:45@野洲市守野洲)
20220401023.gif
病院を後にして、病院前のすこやか通りから吉身小学校東で左折して旧中山道に入る。歩道がなくて狭い野洲川橋を渡って東海道線をくぐると昔の宿場町の雰囲気の道になって旧中山道の野洲宿に入って行く。こういう雰囲気の道をはしるのが大好きだ。途中には鎌倉時代からの背くらべ地蔵や、野洲小学校の前には野洲宿の石碑などもあった。

道の駅竜王かがみの里で昼食(4/1 12:25@蒲生郡竜王町鏡)
20220401024.gif
新幹線をくぐって旧中山道を進んでいくと途中に桜生史跡公園という公園があって古墳があるようだ。家棟川を渡って少し先で旧中山道から国道8号線に合流するとさすが大型トラックが多くて路肩が狭いところは走りづらいが、この区間はいい道が見つけられずにやむなく国道を走るルートを引いてしまった。合流して3km弱で右手に道の駅竜王かがみの里に見えてきた。12:00を回ってお腹もだいぶ空いているので予定通りここのレストランでランチにする。ここまで49km。ほぼ予定通りのオンタイム!でももう脚に来てる(笑)

近江牛のデミグラスチーズきのこハンバーグ定食(4/1 12:28@蒲生郡竜王町鏡)
20220401025.gif
せっかく近江の国に来たのだから、近江牛を食べようと思って近江牛岡喜のかがみの里店でハンバーグを食べる。ハンバーグの種類が多くて迷ってしまったがデミグラスチーズきのこハンバーグ定食にした。チーズがとろけてデミグラスソースと混ざって濃厚だけど美味かった♪
寒いし痛くなっていたので、暖かい店内で座ってゆっくり食べられて良かった。お腹もいっぱいになってリフレッシュしてリスタートする。次の目的地は八日市駅だ・・・。

~~~後半につづく~~~

桜満開で良かったねってことでポチっとよろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村
FC2カウンター
onlineカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

まこた

Author:まこた
鶴見川CR下流鷹野大橋付近に棲息しています。超デブなままでブルベに参加して、2010年~2017年と8年連続でSRを取得しました。でも相変わらずデブはデブなんで登りは激オソで坂は大キライです(^^ゞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ